妊娠 7ヶ月の過ごし方

妊娠7ヶ月といえば、あの辛いつわりから解放されて食欲も戻り、比較的動ける状態にあるの人も多いのではないでしょうか。でも、無理は禁物です!妊娠中期の最後の1ヶ月であり、体も日に日に変化していきます。ママと赤ちゃんはどんな状態にあり、どんな症状が現れるのか、注意すべきこと、受けた方が良い検査、流産のリスクはあるのかお話をしたいと思います。

妊娠7ヶ月のママの状態

まず妊娠7ヶ月とは、24週0日~27週6日までをいいます。

いよいよお腹がせり出してきて、妊婦さんらしい体型になってきます。その分、腰にも負担がかかりがちです。腰を反らせ過ぎず、背筋を伸ばして歩くようにすると良いですね。ただ後ろ姿だと、妊婦さんと分からないので、人混みなどでは注意が必要ですよ。

また、体重増加が気になる時期です。食欲に任せて食べ過ぎると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、出産時に微弱陣痛の原因となります。適正な体重増加、週に0.3~0.5キログラムを目安にしましょう。ただし、妊娠前に痩せすぎてたママ、逆に太り過ぎのママは病院の先生の診断を仰ぐようにして下さいね。

妊娠7ヶ月の赤ちゃんの状態

ぐんぐん成長する時期です!体重は週毎にどんどん増えて0.46~1.3キログラムほどに、身長も34~36センチメートルほどになります。

網膜が完成して光が感じられ、まぶたもでき、まばたきもするようになります。また、外耳道が開通するので、音にもより敏感になります。味覚も発達し、甘みや苦みさえも感じられるようになります。

脳の発達も著しく、自分の身体を意識して動かすようになります。胎動があまり感じられなかったママも、きちんと感じられるようになりますよ。ただし、胎動には個人差があります。また短く定期的な動きは、しゃっくりの場合も。

ママに現れる症状、過ごし方や注意点は?

お腹が大きくなることで、様々な症状が現れてきます。

頻尿

大きくなった子宮が膀胱を圧迫することで起こります。ただし、頻繁にトイレに行くのが面倒だからと、水分を控えるのは止めましょう!体の循環をつかさどるのは水分です。赤ちゃんのためにも適切な量の水分は取りましょう。

就寝時に足がつる

大きくなったお腹による圧迫で、下半身の血流が悪くなったことで起こります。また、赤ちゃんの成長に伴ってミネラルが不足することや冷え、むくみも原因となります。ミネラルを取ること、下半身を常に冷やさないことを心掛けましょう。

お腹が張る

歩き過ぎや長時間の立ち仕事で起こります。張りを感じたら、無理をせず横になりましょう。5~10分休んでも張りが治まらない場合や、出血が伴う場合は切迫流産の可能性があります。直ちに病院に行って下さい!放置は厳禁です。

仰臥位(ぎょうがい)低血圧症候群

仰向けで寝ていると、大きくなった子宮で下大静脈を圧迫し血流が悪くなり、心拍や血圧低下を招くことがあります。抱き枕を使うなどして、横向きに寝るようにしましょう。

その他、注意すべきこと

赤ちゃんの成長著しいときです。鉄分とカルシウムは、きちんと取りましょう!小松菜などが手軽でおすすめです。

人によっては、便秘も起こしやすい時期でもあります。食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。

また、今後むくみが予想されます。緊急で帝王切開になる可能性もあり、結婚指輪といっても金属は取らないと手術が受けられません。外せるうちに外しておいた方が良さそうです。同じく、動けるうちに入院準備を進め、いざという時のために備えておきましょう。

流産リスク

厳密には流産は、妊娠21週までにお腹の中で赤ちゃんの成長が止まることをいいます。22週以降で、赤ちゃんの成長が止まった場合は、死産といいます。

妊娠初期の流産に比べると妊娠中期以降の死産の発症率は低く、また現在、日本の医療は目覚ましく発展しているため、2000年以降は1000人につき3.7の割合です。しかし、安定期だからといって、全く起こらないわけではありません。

早く異常に気付けば、大切な赤ちゃんを救える可能性もあります。以下のことに注意しましょう。

・定期検診を必ず決められた回数受ける。
・胎動を毎日チェックし、胎動が全くないなど異常を感じたら、直ぐに病院に行く。
・妊娠初期から赤ちゃんの神経系統の発達のために葉酸を取る。

受けた方が良い検査

一般的に病院の先生から指示された検査は、必ず受けるようにしましょう。その他に「経口ブドウ糖負荷試験」という、妊娠糖尿病の検査があります。妊娠糖尿病であるにも関わらず、そのまま放置しておくと、巨大児や発育不全になったり、羊水過多や早産のリスクも高まります。分娩時も母子ともにリスクが高まり危険です。仮に妊娠糖尿病であっても、先生と相談し血糖値管理など正しく行えば、それらのリスクも回避できます。検査を受けることをおすすめします。

妊娠7ヶ月のママと赤ちゃんのお話をしてきました。安定期イコール何でもできるわけではありません。くれぐれも妊婦さんであることを忘れず、仕事、家事、育児などで無理をせずお過ごし下さいね。

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。