33歳からの妊活と不妊治療

30代前半で不妊治療を開始した、まりえです。妊活を開始した年齢は、30代前半の不妊治療であったこともあり、タイミング療法で出産に成功しました。

出産まで2年ほど妊活をしていました。最初は特に意識せず自己流でタイミングをとっていましたが妊娠には至りませんでした。困っていたことは、妊活に対する夫婦間での温度差があったことでした。

33歳からの妊活と不妊治療の始まり

共働きで互いに忙しく生活サイクルもずれていたので、夫婦生活自体の頻度も少ないことに悩んでいました。なかなか性行為のタイミングをつくることもできずにいました。

結婚して数年経ち、年齢も年齢なだけに、実母から度々赤ちゃんを持たないのかということをやんわりと言われるようになり、プレッシャーを感じていました。

夫の友人に赤ちゃんが生まれた人が増えてきたことをきっかけに夫が妊活にほんの少し前向きに考えてくれるようになったので、タイミングもいいなと思い、妊活を頑張ろうとスタートしました。

夫への気持ち

妊活以前に、夫に妊娠はそう簡単にできるものではないことや年齢的なリミットの説明をして理解を得るのが大変だったように記憶しています。

クリニックへ通院の開始

妊活1ヶ月目頃に病院クリニックを受診しました。それまで基礎体温をしっかりとつけたことがありませんでしたが、病院で基礎体温を2ヶ月程つけるよう指示を受けました。

月2回ほど通院して担当の先生から、基礎体温のグラフを専用の手帳に記録してチェックしてもらい、先生からアドバイスをもらいました。

排卵、卵胞の検査

同時に、排卵しているか、卵胞がきちんと育っているかの検査も受けました。検査の結果、排卵は行われており機能面は治療不要との判断でした。

機能的に問題ないとのことで、安心したことを覚えています。人口受精や、体外受精になると金銭的な負担や、治療を行なってもなかなか子供ができないことへの精神的な負担は測りしれないと聞いていたからです。

実際にその時に、体外受精をした友人がいましたが、体外受精をしている時は本当につらかったということもリアルタイムで聞いていたので、ほっとしたのを覚えています。

主人とのサイン

夫婦でタイミングを合わせるのが難しかったため、話し合いをしてサインを決めました。(ぬいぐるみが正面を向いてたらOK!後ろ向きならNGというものです)

サインを決めていなかったころは、なかなか夫婦生活にいたる雰囲気になれなかったこともあり、それが原因でケンカになってしまうことが多かったように思います。

なので、その点が解決できたことは良かったです。半年ほどは上記のことを継続しましたが、まだ妊娠の兆候はなく、少し焦り始めていました。

サプリメントの利用を開始

主人は亜鉛サプリ、わたしは葉酸サプリや、妊活サプリ、漢方を活用しました。併わせてザクロジュースを飲み始めました。お試しのつもりだったのでサプリ、漢方等は6ヶ月程飲みました。併せて、冷え性でしたので体をあたためることをとにかく意識しました。

妊娠しても流産しないように、ベースの体作りには力を入れていました。葉酸サプリは妊活において使わない人はいない。通っていたクリニックの医師かも伝えられていたので、一番効果があるときいたベルタ葉酸を利用していました。

ベルタ葉酸サプリの口コミや評判は?

2017.09.17

体を温めるように意識

常温のミネラルウォーターやあたたかい飲み物を飲むようにしカフェインの含まれる飲み物は控えました。ルイボスティーが元々好きだったので、自宅で煮出したものをタンブラーに入れて持ち歩いていました。ひざ掛けと足首ウォーマーを活用して、足を冷やさないことも心掛けました。

オフィスワークだったので、夏でも冷房が強くて寒いと感じるくらいだったので季節を問わず実践していました。その他にも、ストレス解消を兼ねて、よもぎ蒸しやゲルマニウム温浴に週1回定期的に通っていました。

 

リンパマッサージで体調を整える

また、運動不足で血行が悪くなりやすいタイプだったので、月に1回リンパマッサージも受けていました。妊活開始から1年経ち、冷え性は少しずつ改善されている実感はありました。

それまでよりサラサラの汗をかけるようになったり、心身のリフレッシュにもなっていたと思います。継続して実践してきたことに飽きてきたこともあり、新しいことをしてみたらどうかなと考えました。

ヨガも検討しましたが、仕事帰りによるのは時間的に厳しかったので家でできる方法を模索していました。

妊活サプリ・漢方とDVD

妊活に効くストレッチのDVDを買ってチャレンジしてみたり、口コミでいい評価のサプリ・漢方を試してみたりしました。しかし、夫はサプリ・漢方があまり好きではなくほとんど飲んでくれなくてサプリ・漢方をのんでもらうのは結局諦めました。

自分はいろんなことを試して頑張っていると思っていたので、夫は妊活に対して考えが甘いように思えてしまってイライラが止まらなくなることがありました。

妊活への苛立ち

この頃になって、わたし自身の仕事が部署内での異動などがあり多忙になっていました。妊活に割く余裕が減っており、DVDのストレッチなどはほとんど実践できていませんでした。

なんとか、体をあたためる習慣は継続していましたが、生理周期が乱れるようになってしまいました。病院の医師と相談して、ピル(プラノバール)を処方され、10日間服用したあとに生理がくるのを待つことになりました。

一度リセットしたあとで、妊活を再開しようとの判断でした。リセットの期間でしたので、友人と飲みに行ったり、仕事をガリガリこなしていたりしていました。

妊娠の確定

レディースクリニックで処方されたピルを服用し終わってから、1週間ほどで生理がくる予定でしたが2週間待っても生理が来ませんでした。

以前に同じ薬を服用したときは、そのようなことはなかったので、念のため検査薬を試したところ、妊娠が判明しました。それまでかかっていたレディースクリニックで改めて診察を受け、妊娠が確定。

辛かった気持ち

その後はつわり等もありましたが、無事出産となりました。思い返してみて、つらいと思ったことは3つあります。

主人との気持ちのギャップ

第一に、夫が妊活に積極的でないと思えてしまったことです。そもそも妊娠のメカニズムの知識が少ないうえに調べようとはしていなかったので、色々と調べてしまうタイプのわたしとの意識の差を埋めるのが大変でした。幸い、論理的に話せば聞いてくれる夫なので、冷静に話せるよう努めて認識を改めてもらうことができました。

自分の精神的な不安

第二に、自分自身の精神的な負担です。わたしは不妊治療は経験しませんでしたが、妊娠を望んでいるのになかなか妊娠できないのはゴールが見えず精神的につらい時期がありました。

周りの言葉

第三に、周囲の言葉です。結婚して数年経つと赤ちゃんのことを当たり前に聞かれるので、何気ない質問にも過敏になっていたと思います。当時をふりかえるとイライラが雰囲気にあからさまに出てしまっていました。

33歳からの妊活と不妊治療の最後に

やはり子供が生まれると全てがよかったと。思えるようになりました。同じように不妊治療をしている方が子供ができると、全てが癒されるといっていた気持ちがわかるような気がします。

私も今、お世話になった看護師さん、クリニックの先生、主人、そして精神面でいつも話を聞いてくれていた両親に感謝です。生まれてきくてれた子供にも感謝がとまりません。

私はこれで不妊治療を卒業しますが、二人目に関しては、主人と相談して進めていきたいと思います。

33歳の妊活、不妊治療体験談 1

月に2度通院し、排卵日を見て頂き、医師より日にちを指定してもらいましたが、それなら合わせてホルモン注射をしました。痛みも強く、医師や看護師に性生活を話すこともありとても嫌でした。

ですが何度も通っても成果がでず、医師にもため息をつかれることもあり病院に行くのが辛かったです。子宮の中の確認も時折することもありましたが痛みや恥ずかしさに何度も嫌になりました。

待合室では妊婦さんがいることもあり、嫌なことばかり考えてしまうこともありました。妊娠できる人をみて妬む自分も嫌でした。

33歳の妊活、不妊治療体験談 2

産婦人科の医師に妊活に関してはよくさ相談していました。。生理が不順だったのと子供が欲しくなったのでその事を伝えました。妊娠の時期や仕事内容についても相談しました。

不妊治療が長期化し、食生活やサプリについても看護師さんに聞くこともありました。クリニックの看護師さんは独身で、もう諦めたから他人の不妊治療を応援したいおっしゃっていて、不妊治療できる環境にあるだけ、いいのかなとも思いました。

33歳の妊活、不妊治療体験談 3

2人目不妊で約6年妊娠できなかったです。原因はストレスだと思います。タイミング法で妊娠できない度に落ち込んでかなり辛かったです。基礎体温計を使って毎日体温を測り、夫婦生活も義務のようになってしまい毎日の生活を楽しめなかったです。

妊婦さんを見る度に羨ましい気持ちが強くなって、子供ができないことに焦りを感じてしまって辛かったです。精神的な強さがないと不妊治療は長期に渡るものなのでかなり辛い思いをしました。生理がくる度に毎回辛くて仕方がなかったです。

(相談先は?)私は、1人目を出産した産婦人科の先生に相談しました。義両親と同居のストレスが不妊の原因になっていると思うこと、ストレスを上手く発散する方法がよく分からないこと、年齢的にできるだけ早く出産したいこと等を相談しました。

33歳の妊活、不妊治療体験談 4

自分たちは毎月排卵日が近づくとそわそわしたり、生理が来てしまって落ち込んだりしつつも頑張ろうとしているなかで、仲のいい友達や親戚の年の近い子たちから子供産まれましたという報告がくること。

先に結婚していた人たちならあまり思いませんが、自分たちより後に結婚した子や、先にできちゃったので結婚しますという子たちの話を聞くと、なんでそんな簡単に子供できるんだろうという思いが生まれてしまい、精神的にしんどいなあと思いました。

(相談先は?)婦人科の病院の先生に相談してみました。今の段階はまだタイミングを見る方法だけでやっているので、普段の生活の中でできること、やるべきこと、食事の内容や、気をつけておいたほうがいいことなどを相談し、教えてもらいました。

33歳の妊活と不妊治療の妊娠確率は?

33歳
33歳の妊娠確率は、40%弱になります。かなり高い数値といえるのではないでしょうか。35歳くらいまでは妊娠率はおちないので、まだ時間的に余裕があるでしょう。

33歳の不妊治療による出産率になると、20%ありますので、100人不妊治療したら20人が出産に成功しています。

34歳からの体外受精で妊娠

2017.08.23

卵子提供丸わかりガイドプレゼント!

アドバイザーみどり
こちらから私がまとめた卵子提供丸わかりガイドを無料で提供しております! 卵子提供は正しい情報が伝わりにくいので、親身な企業もあれば不誠実な企業も残念ながら存在します。後悔しないために、ぜひ参考にしてください。