34歳からの妊活と不妊治療

1人目は1年3ヶ月ほど妊活をして授かりました。現在は2人目の妊活中です。妊活は周りに相談出来なかったのが辛かったです。相手に気を使わせてしまうと思い、妊活をしていることは出産するまで誰にも話しませんでした。

年齢的には周りに妊活をしている人は多くいるようですが、なかなか話す機会はないです。実際、体外受精をしている知人が1人いるくらいです。

34歳からの妊活と不妊治療の開始

結婚を決めてから基礎体温をはかりはじめました。妊活アプリをインストールし、体温を管理していました。そして、結婚式が終わってから本格的に妊活をはじめました。はじめは基礎体温をつけ妊活アプリで管理を続け、排卵日と思われる日に子作りをしていました。

生理周期がづれる

何ヶ月かその方法で妊活をしておりましたが成果が出ませんでした。元々生理が周期とはずれることも多かったこと、基礎体温に、がたつきがあり正確な排卵日を基礎体温だけで知ることは出来ていないと感じ、排卵検査薬を使うことにしました。

子宮に問題があるのではないか。人工授精、体外受精、顕微受精といった費用がかかることをしないと受精出来ない体かもしれないと不安になりました。

排卵検査薬の利用

排卵検査薬を使い排卵日と思われる日に子作りをしました。ただ、子供が早く欲しいと焦っている私と、いずれは欲しいけれどそんなに焦ってはいない主人との間に気持ちの大きさのズレがあり、子作りに同じ思いでのぞめておりませんでした。

主人との気持ちギャップ

また、主人は仕事が忙しく帰りが遅く疲れていました。そんな時に子作りを求められ拒否することで私も傷つくこともありました。また、周りに自分よりも遅く結婚をした友人が何人かすぐに子供を授かり、喜ばしいけれど複雑な思いをすることも多かったです。

また、職場や周りからも結婚して少し経ちはじめるとそろそろなのではないかと考えていることが伝わってくることも多々ありました。

少し生理が遅れただけで期待をし、待ちきれずに妊娠検査薬を使うこともしばしばありました。少し体調が悪いと感じると、自分の体調を検索し妊娠初期症状なのではないかと期待してしまうことも多かったです。

生理がきて落ち込む

そして生理がきて落ち込むということを繰り返していました。焦りや不安から気分が落ち込むことがとても多かったです。

そんな時は今しかできないことをと思い、長期の休みには海外や国内を旅行したり、ジムに通ったり、妊娠してからは出来ないことを思いっきり楽しむことは出来ていたと思います。

葉酸サプリも試してみる

また、夫婦で働いていたため、金銭的な余裕もあり、贅沢をすることも出来ました。妊活中から葉酸のサプリメントを摂取していました。

ベルタ葉酸サプリの口コミや評判は?

2017.09.17

主人にはマカと亜鉛のサプリメントを飲んでもらっていました。排卵検査薬ははじめは日本製のものを利用していましたが、値段が高いのもあり、途中からは海外製のものに変えました。

排卵検査薬を使いはじめてから1年弱が経過しても子供が出来ず、インターネットでは頻繁に子作りについて調べる日々が続いていました。同じように妊活をしている方のブログを読み、励まされたり、逆に陰鬱な気持ちになったりしていました。

利用していたのリンク先にあるサプリメントです!厚生労働省も推奨するものです!周りの不妊治療をしている方も活用しているということで安心して服用できました。

厚生労働省推奨葉酸430μg配合
*AKAHAI葉酸サプリキャンペーンページへ!

クリニックでの通院を開始

妊娠をのぞんでから1年しても妊娠しない場合、不妊であるということをインターネットで知り、自分達は不妊なのかもしれない。自分だけで解決しようとせず、プロの手を借りるべきなのかもしれないと考えるようになりました。

そこで、思い切って不妊治療専門の病院に通い、タイミング法から不妊治療を始める進むことを決めました。少しの蓄えはあったので、人工授精、顕微受精、体外受精も視野に入れて臨みました。

クリニックでの苦い経験

有名な病院で自宅から通えそうなところを探し、主人と行きました。実はその前にも一度近所の産婦人科に主人と行って相談をしたことがあります。

その病院のホームページには不妊治療もやっていると書いてありましたが、そこまで力を入れてやっているわけではなかったようで、真摯に向き合ってもらうことができず少し恥ずかしい気持ちになるだけで帰ってきた苦い思い出がありました。

不妊治療専門のクリニックへ

そのため、次はしっかりと不妊治療を専門に扱い、クチコミも多いところにしようと思い病院探しをしました。病院はとても混んでおり、長い時間待ちました。同じ悩みを抱えている人がたくさんいるんだと実感しました。これからの治療の流れを聞いたり、その日出来る検査を受け、その日は帰宅しました。

34歳からの妊活と不妊治療で妊娠成功

これからの治療に思いを巡らせることも多い日々でしたが、なんと、その周期に子供を授かりました。妊娠検査薬に陽性反応が出た時は手が震えました。とても嬉しかったです。

現在は1人目の育児が少し落ち着き、2人目の妊活中です。子供が産まれたことで、私達夫婦の妊活には1つ大きな変化がありました。

主人の妊活への意識の変化

それは主人の妊活への意識です。1人目の子供がとても可愛いようで、早く2人目がほしくなったようです。1人目の時とは違い、とても妊活に積極的になりました。共有している妊活アプリを見てくれているようで主人から子作りを誘ってくれることも増えました。

二人目の妊活

生理は早く戻りましたが、授乳や疲れなどで周期はばらばらです。2ヶ月こなかったり、1ヶ月に2度きたりしています。現在は1人目の時と同様に排卵検査薬を使い、基礎体温と管理するアプリを併用して妊活をしているところです。妊娠後期から飲まなくなっていたサプリメントもまた飲みはじめました。妊活はゴールが必ずくるかどうかわからない分、とても不安です。2人目が早く出来ることを祈るばかりです。

34歳の妊活と不妊治療の体験談1

一番辛かったことは、本当に自分は妊娠できるのか、妊娠するまで不妊治療を続けなければいけないのか、どこまで治療をするのか、というメンタル面に不安があった事です。

先が見えない治療と治療法、それにお金の不安もありました。最終的には体外受精の事まで考えていて、どうしても子供が欲しいという気持ちが大きかったので、精神面との戦いが非常に辛かったです。私は最初にタイミング法を行ったのですが、いつまでやって、次に進めるかなどもかあり悩みました。また、主人にまで迷惑をかけたことも辛かったです。

(相談先は?)
同じく不妊治療をしていて、体外受精を何度もして、やっと妊娠できたという友人に色々と相談にのってもらっていました。同じ事を経験することによって、かなり精神的にも楽になり、頼りになりましたので、非常に有り難い存在でした。不妊治療に関しての期間と費用など、全ての面で細かい相談をしました。

34歳の妊活と不妊治療の体験談2

私たち夫婦は結婚2年目で子供が欲しいと思ったのですが、なかなかできなかったことからIVF治療を行なっているドクターの元でアドバイスをいただきていました。

一番辛かったのは自由診療で保険が効かないのでお金がすごくかかったことでした。タイミング療法1回あたりの費用が10万円にも上ることがあってこんなことを何回も繰り返してはいられないと思ったものでした。

功を奏して1回でなんとか妊娠することができたので良かったのですが、お金がかかったことが私たちにとって一番の問題でした。

(相談先は?)
静岡県で有数のIVF成功件数を誇るTAWARA IVF CLINICを受診しました。まず自然妊娠を試してみたら良いというお話でタイミング療法を取り入れることにしました。合わせてクロミフェンを服用することにしました。

34歳の妊活と不妊治療の体験談3

私は不妊治療をはじめて3年になります。治療をしていて辛いことは、いまだに出産という結果に至らないことです。これまで、タイミングをみてもらうため頻繁に不妊クリニックに通院したり薬を飲んだりしています。

それから体質改善のためカイロプラクティックにも通っています。また妊娠に効果のあるサプリメントを使ったり食べ物に気を付けたりもしています。しかし、これまでに3回流産しています。そのうち、2回は手術もしました。

妊娠しても流産してしまうため、不妊治療をこのまま続けていても良いのかと考えてしまいます。

(相談先は?)
主に、通院しているクリニックの医師に相談しています。毎回、実施される処置や検査結果に対する対応についてどうしたら良いのか相談します。また、通っているカイロプラクティックの先生にも、自身でできる体質改善方法について相談します。

34歳の妊活と不妊治療の体験談4

金銭的なことや、治療内容よりも、精神面が1番辛かったと思います。パートナーの協力が不可欠なのに、最初のうちはまったく興味をもってくれなかったことです。

お互いに同じ気持ちでなければできないことだと思うので、自分ばかりが欲しい欲しいと思っても上手くいかずイライラしてしまうこともありました。治療期間は6年くらいでしたが、最初の2年はずっとこんな感じでした。

しかも、まわり(姑や姑)からのプレッシャーも日々強くなって行き、そういう精神面が辛かったです。

(相談先は?)産婦人科医院。根本的な原因を調べて欲しいということと、どんな方法があるのかなどわからないことだらけだったので、いろんなことを聞いたと思います。相手の協力があまり望めなかった最初のうちは1人で相談に行っていました。

35歳からの妊活と不妊治療

2017.08.24

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。