37歳からの妊活と不妊治療

37歳の不妊治療や妊活の妊娠成功確率から、実際に37歳から妊活を始め体外受精や人工授精をせず、赤ちゃんを妊娠、出産に成功された夫婦の経験談をご紹介させていただきます。

37歳の妊娠成功率は?

37歳
37歳の妊娠成功確率は20弱です。胚移植の場合は35%弱の妊娠成功率がありますので、100人いたら20人が自然妊娠で成功し、100人中35人が体外受精等において妊娠に成功してます。

実際に赤ちゃんの出産に成功している夫婦のは12%前後となります。こちらは基本はタイミング法で周期を合わせて行った場合の確率になります。

37歳、3回の不妊治療と妊活で妊娠

現在37歳です。通院での不妊治療を初めて2ヵ月となりました。元々子宮筋腫や重い生理痛、周りの不妊治療経験者が多いことなどから、もっと早く体外受精や、人工授精といった本格的な不妊治療に切り替えるべきでした。

費用の面や夫婦共働きで仕事をしている心理的なハードルから、タイミング法での不妊治療を進めていますした。

初めの頃の不妊治療は、まずは基礎体温という程度の認識はもっていましたので、結婚半年目にて、ゆるーく不妊治療らしきものをはじめてはいました。今考えると「それは妊活ではない」と言いきれる程度のものだったのかもしれません。

3回目の妊活と不妊治療の始まり

妊活をやめたり、再開したりしています。今回は3回目の妊活になります。体外受精をするかしないか迷いながらの妊活でした。仕事の影響で治療がうまく進まないこともありましたので、夫婦で共働きを続けるか、私は専業主婦になるか悩むタイミングでした。

今回は高齢出産における、ストレスや、気持ちの変化についてもお伝えできればと思っています。

1回目の妊活

結婚する直前のことです。まだ私も考え方が若かったのかもしれません。婦人科の先生に指導を受けたことがきっかけでした。当時は妊娠はすぐに出来るものだと思っていました。周期など気にするこなく、性行為を行っていました。

しかし子供がすぐにできることもなく、3ヶ月くらいして、私は不妊体質なのかな?と思うようになりました。はじめに婦人体温計を買いました。

なるべく費用を抑えていた妊活初期

独身の頃は経済的に厳しく、一番安い水銀式の婦人体温計を買いましたが、ただでさえ交代勤務で睡眠時間がまちまちな上に、体温計を口からはなしてしまうことが連発し、きちんとはかることはできていませんでした。まもなく、仕事も忙しくなってしまい妊活をストップしていました。

37歳の妊娠する確率は低い?

2017.09.07

37歳からの妊活と不妊治療2回目の妊活

2回目は結婚半年目です。お互いの年齢も年齢なだけに、”旦那ともそろそろ子供がほしいよね!”と話す回数も増えてきました。

そこから、本で調べたり、webで調べたりして、妊娠のために準備を整えていきました。この時期から、根本的な高齢化の原因を解決するために、漢方等や葉酸サプリを使うことで、体質改善を行うようになりました。

子供を妊娠するには周期が大事と書いてあったので、周期に合わせて妊活を行いました。ちなみに、その時購入した体温計は電子の婦人体温計でしたが、メモリー機能が1回分であること、バックライトがついておらず冬の朝方など暗い室内で見えないことが難点でした。

漢方/サプリの服用を開始

漢方/サプリの服用も始めました。健康面の体調を整えることが兎にも角にも大事ときいていました。その時に活用していたのが、このサプリです。

検査しても数値的には体調を維持することができたのはサプリのおかげかもしれません、厚生労働省で不妊治療に指定する背成分があるということで科学的に信頼できました


(※厚生労働省が認める「栄養機能食品*」の認定を受けています。一般的なサプリは「健康食品」ですから、妊娠に対する効果が高くて1番妊娠報告数が多い妊活サプリというのもうなずけますね!(*配合されている12もの成分で栄養機能食品の基準をクリア)

37歳からの妊活と不妊治療

そして現在が3回目です。もう結婚して1年が経ちます。そろそろ子供との生活も考えますし、私の年齢も37歳です。いよいよ子供ができないかもしれないという気持ちも強くなってきました。

タイミング法をやめて体外受精を医師からも進められていました。ただ、体外受精をした友人夫婦の費用が400万かかったという話をきいたり、排卵誘発剤での採卵が痛かったという話を聞いて、とても不安になりました。

妊活においてはストレスを溜めないことが重要です。細かいところですが、現在は体温計をつかって体調を管理しています。機能が1ヶ月以上のメモリーとバックライト機能・排卵日予測機能などがついているものでしたが、検温予定時間からずれなく記録ができ案外役立っています。

基礎体温から話を戻し、不妊治療のきっかけ、となります。

37歳からの妊活と不妊治療、子宮筋腫の発見

私は、元々子宮筋腫の経過観察などの原因があり、婦人科20代前半から縁のきれない生活でした。結婚後、本当に生理痛がつらかったです。通院先の、先生に処方していただいた漢方や葉酸サプリメントで劇的に改善しました。

その時の内心で「排卵もうすぐだねー」と言われたことで「タイミングとってみようか」と思い、とってはみたものの翌月生理がきてしまい。以降個人輸入した排卵検査薬でタイミングはとっていたものの結果につながらず。転居を切っ掛けに、不妊治療を専業とする婦人科へかかることにきめました。

不妊治療クリニックはみつかったもの・・・

首都圏在住のためか、不妊治療に力を入れている病院は比較的見つかりやすかったです。現在の病院に決めた理由は「通院しやすい」の一言につきます。長期戦を見込んでいたので、なるべく負担なく継続できるのが理由です。

もちろん実績も加味してですが、年単位で通院する可能性を考えると少しでも通院の面は楽にしたく、選びました。

先生から言われたこと

37歳だと、人工授精、体外受精、顕微受精といった高度医療を考えないと妊娠は難しいと初めにキッパリ言われました。

ただでさえお金がかさむのには人工授精でも数万、体外受精なら数十万、顕微受精をうけたら100万近くかかると聞いて、裕福な家系ではなかったので、夫婦で妊娠で相談しました。年齢が年齢なだけに仕方ないかなとも思っていました。

37歳からの妊活と不妊治療は、検査で費用がかさむ

初診では、タイミングがたまたま排卵日前日?という事もあり、予想以上に多くの検査をしました。そして予想以上に金額がかかりました。HPをあんなにしっかり見ていたにも関わらず、カードが使えないという一文は見落としていた為、あぶなく足りなくなるところでした。

不妊治療はお金との戦いともいいますし、ポイントやら他のことを考えるとカードが使えることは非常に重要だな、と痛感しました。私の通っている病院ではスクリーニングの意味合いを含め、最初に様々な検査をします。

通院して2ヶ月

通い始めて2ヶ月ですが、既に基本の検査は終えました。その中には痛いと評判の通水検査もあります。通水検査か造影剤を使用した検査かは、色々とネットで調べると口コミが出てきます。そして、過剰に調べなければよかった、と思った検査でもありました。

《とにかく痛い》《気が遠くなる》などの意見が8割、残りの2割は《まあ大丈夫》《何も痛くない》の感想であった検査です。当日は座薬を入れた状態で検査となります。

その間にもホルモンの値を調べる採血があり、こちらもなかなか印象に残る検査でした(採血を2回するのですが、1回目修了の後に薬剤を入れ、10分後にもう一度採血をします。

37歳からの妊活と不妊治療薬の副作用

薬剤の作用で顔の火照りと唐突な尿意、軽い吐き気があり、思わず爆笑してしまいました、実際のところ爆笑できる余裕もなかったのですが。

さて、通水検査の感想ですが、「思ったより我慢できたけど、これ以上は遠慮したい」が率直な感想です。バルンカテーテルを入れた瞬間から既に痛く、先生が膨らまし、通水をしている間説明はしてくださるものの、痛みに意識がいってしまい、頭に入った説明は半分以下でした。

そうやって痛みに絶えた結果「全く問題なし」との言葉。正直なところ「詰まりがとれる痛みだから、こんなに痛かった」のほうが乗り越えがい?があると感じてしまいました。

不妊治療していた友達

不妊治療を終えた友人曰く「検査で原因がみつかるほうが気が楽」とのことです。通水検査や各種血液検査・エコーなどを終えましたが、私達夫婦はともに原因が見つかっていません。

37歳からの妊活と不妊治療について

タイミング法をあと数回つづけた後は、AIHへとステップアップしました。この時期はつらかったこともあり、ほとんど記憶がありません。子供を産むまでに貯蓄を使い果たしてしまっては、産んでから育てることが厳しくなります。早めに妊娠に専念しておけばよかったと後悔している面もあります。

なかなかさずからず、治療を休止した友人や、無事授かった友人たちの例、不妊治療に集中するあまり、夫婦仲が微妙になる例などを見聞きし、考える度悩んだこともありますが、体外受精をしてよかったと思っています。今後も夫婦でこまめに話しながら子供の子育てをがんばっていこうと思っています。

38歳からの妊活と不妊治療

2017.09.08

37歳で不妊治療や妊活していた芸能人は?

37歳で妊娠や、不妊治療や妊活をしていた芸能人を本日はご紹介させていただきます菅野美穂さんをはじめとして、多くの芸能人の方が不妊治療をおこなっています。

菅野美穂さん

堺雅人さん41歳との結婚妊娠の発表はとても大きなニュースとなりました。2015年の出産です。同時期に出産を発表された芸能人としては、上戸彩さん、国仲涼子さんと大物芸能人が出産しています。

菅野美穂さんは結婚後2年は妊娠しておりませんでしたので、不妊症だったのでは?と噂もされていましたが、当時お二方は大活躍されていましたので、仕事との両立がなかなか難しかったのではないかなと予測されています。

芸能界にいる方はお酒好きの方が多く、菅野美穂さんもお酒好きで有名だったそうですが、妊娠後はお酒を控えて、出産にむけた準備をされていたそうです。

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。