40歳からの人工授精

私は結婚が遅かったので、30代ぎりぎりの年齢から任活はじめることになったのですが、ほとんど40歳でした。幸運なことに体質的に妊娠はしやすいからだだったようで、結構簡単に妊娠はできました。

40歳の人工授精の成功率は?

40歳の人工授精での成功確率は約10%になります。1~14回目まで、人工授精を繰り返しても妊娠率はさがりませんが、15回目以降になると急激に妊娠がしづらくなります。

なので14回を目安に人工授精を行うのがいいかもしれません。

40歳からの人工授精で妊娠:2回の流産、そして不妊治療

40歳からの人工授精で妊娠するも、その後が続かず、2回連続して流産することになってしまいました。

そのときにお医者さんに言われることばは決まって母親の年齢が高いから卵子の質が悪い。妊娠しやすい体質なので、質の良い卵子で妊娠できるまでトライし続けるしかない。とのことでした。

体外受精はやめたほうがいい?

不妊ではないので体外受精もあまり意味はないとのことですが、やはり短期間に2回連続で流産となると気持ちてきにもきつくかったです。

あとで調べてみると、受精卵の段階で流産してしまう受精卵と、そうでない受精卵は遺伝子的にきまっているそうです。

なので体外受精のほうが確率が高いということでしたが、結果的に費用が安く自分の卵子でできたのでよかったです。

卵子の質が大事

そんな時、ふとした雑談から、夫の親戚の知り合いで流産ばかりしていた人が針治療を受けたら出産できたという話を聞き、その針の先生を紹介してもらって相談することにしました。

そこで言われたのは、卵子の質に年齢はあまり関係ない。これまでの生活態度(主に食生活)で、若い人でも卵子の質がすごく悪い人もいれば、高齢でも卵子がぴちぴちの人もいる、といわれました。

ひどかった生活習慣の見直し

私はこれまで酒も飲みまくり、食生活にもほとんど気を使っていなかったので絶望的かと思いました。

これから気をつけてみましょうとのことで、まずは禁酒と、グルテンフリーダイエットを進められました。私は特にグルテンアレルギーではないのですが、それでも健康のためにいいとのこと。

葉酸サプリを飲み始めました。

醤油などに含まれる微量のグルテンはこの際無視するとして、パン類や麺類を控えるようにしました。それと卵子の質を高めるためのQ10と葉酸サプリを毎日飲むようにしました。

針治療も2週間に一度、お腹の周りに針を刺してもらいっていました。整理周期を整えるとのことでしたが、実際不規則になりがちだった生理が規則的になった気がします。

血液凝固が流産の原因

また、不育の原因など詳しい血液検査をしてくれるクリニックも紹介してもらい、そこで血液検査をしました。

主人と私の遺伝子が似すぎているため、私の体が受精卵を異物とみなして排除しようとしているということと、血液が凝固しやすいので流産しやすいという結果がでました。

投薬を開始しました。

そこで、妊娠した暁には、血液が固まるのを防ぐ薬と、遺伝子が似すぎていることを緩和(?)するための薬を毎日注射することになりました。

それと平行して子宮内膜症の検査も受けてみるといいといわれ、そちらの検査もしました。結果、私の場合大きな子宮筋腫の上に内膜症が張ってたようで、すべて除去してもらいました。

40歳、人工授精で1回目の妊娠

子宮筋腫の手術から回復してすぐに、排卵誘発剤とホルモン剤を飲み始めて、卵子の発育をモニターしてもらいながらタイミングをみて人口受精をしてもらいました。
もともと妊娠しやすい体質だったので1回目で無事妊娠。

クリニックでの診察

しかし、私の場合は継続が問題だったので、それからが大変でした。まず体が胎児を排除しないように2週間に一回豆乳だかなんだか(ごめんなさい忘れてしまいました)の成分のはいった点滴をしてもらうためにクリニックに通い、上記の注射は毎日、しかも自分で打ち、検診も一般の妊婦さんよりもこまめに行っていました。

心拍を初めて確認できて

1回目は心拍を確認する前に自然に流産してしまったのですが、2回目は心拍確認後の12週の検査で心拍停止が確認されたため、安定期に入るまでは毎回の検査が不安で不安でしょうがなく、毎回主人に付き添ってもらっていました。

安定期に入ってからも、ネットなどで死産や早産などの記事を読んでは不安になり、実際に娘をこの手で抱くまでは安心することのない妊婦生活でした。

40歳の人工授精、妊娠確率を上げるために、卵子の質向上

卵の質を上げる目的で、以下の3つを行いました。実際に葉酸サプリを飲んでからは体の調子がよくなりました。

  • 禁酒
  • グルテンフリーダイエット
  • サプリ摂取

妊娠環境を整える目的で、針治療、血液検査、各種予防薬の接収、子宮内膜症の治療、妊娠する目的で、排卵誘発剤摂取と人口受精と、思いつく限りのことはやったように思います

利用していたのリンク先にあるサプリメントです!厚生労働省も推奨するもので、周りの不妊治療をしている方も活用しているということで安心して服用できました。

厚生労働省推奨葉酸430μg配合の葉酸サプリの詳細ページを見てみる!

友人からの避難も浴びながらも・・・

知り合いからは、そんなことやって意味あるの?などといわれたこともありましたが、高齢で時間が残されていなかったので、できることはすべてやろうと。

特にグルテンフリーダイエットは、私もあまり意味ないかな(アレルギーでもなかったし)と思いながらやっていましたが、肌の質がよくなったり、やせたりしたので、多分いい影響にはなっていたのだと思っています。

40歳からの人工授精:子宮内膜症の治療

私の場合は、子宮内膜症を治療したのが一番効果的だったのではないかと思っています。

高齢で出産経験のない女性は兆候がなくても子宮内膜症にかかっている確率がたかく、内膜症があると体外受精などしても妊娠継続の可能性は非常に低いとのこと。妊娠が継続せずお悩みの女性は是非一度子宮内膜症の検査をされることをお勧めします。

今は手術支援ロボなどを使って手術の後も目立たなくしてもらえます。実際私も術後数週間は傷口がいたみましてが、今はほとんど傷は分からない状態です。

40歳からの人工授精:不妊治療を経験して思ったこと

また、高齢出産の方は、医者が流産や不妊の原因を女性の年齢のせいにしがちですが、私のように他に原因が隠されていることがあるので、いろいろなクリニックに相談されることをお勧めします。

実際に原因を特定できれば、あなたの妊娠も近くはずです。そのためには、まずは体の調子を整えるというところから初めてみてはいかがでしょうか?

卵子提供丸わかりガイドプレゼント!

アドバイザーみどり
こちらから私がまとめた卵子提供丸わかりガイドを無料で提供しております! 卵子提供は正しい情報が伝わりにくいので、親身な企業もあれば不誠実な企業も残念ながら存在します。後悔しないために、ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。