人工授精の痛みはあるの?出血もする?

痛み

内診や検査と同じように器具を使って行う人工授精(AIH)に、痛みはあるのでしょうか。
病院での治療中も治療後も一般的にほとんどの場合、痛みはないとされていますが出血を伴うこともあるようです。痛みや出血の原因についてご紹介していきます。

人工授精(AIH)は痛い?

先述の通り、一般的にはほとんど痛みは感じません。緊張具合や子宮の角度、子宮頸管が曲がっていることが原因で痛みを感じることもあるようです。
人工授精(AIH)では、精子を注入する際に特殊な器具やカテーテルをつかいます。器具の挿入時やカテーテルが子宮の内にあたり痛みを感じます。また器具やカテーテルに細菌が着いてて精子の注入時に痛むこともありますので、痛いときには先生にお話してくださいね。

人工授精(AIH)で出血する?

人工授精(AIH)では、器具やカテーテルの挿入時に子宮内膜を傷つけてしまうことが原因のひとつ。このほか受精卵が着床するときにも出血がおこる場合があります。
いずれも特に心配することはありませんが、出血の量が多い場合は病院を受診するか先生に相談してくさい。

人工授精(AIH)で、1回目と2回目で痛みは違うの?

1回目の人工授精(AIH)が痛い場合は、2回目以降の人工授精でも痛むことがあります。
精子に含まれるプロスタグランジンという成分が子宮を収縮させ腹痛をひき起こします。この場合は
人工授精(AIH)のたびに痛みがあります。

人工授精(AIH)が終わったあとも痛い?

人工授精(AIH)の後にするHCG注射は痛むことがあります。一定の時間内に排卵を促すHCG注射は、副作用として排卵痛があります。しかし生理後に卵胞を排出する排卵時にも、よくあることなので特に問題はありません。
また着床時に痛みを感じる人もいますが、これも自然妊娠の場合に起こることもありますので、特に問題はありません。

人工授精(AIH)した後に生理痛が酷くなることがある?

個人差や生理周期・女性ホルモンの状態によって大きく変わります。
人工授精(AIH)後、最初の生理周期は特に影響が出やすく、これは投薬等の副作用が影響します。ホルモン剤を服用した場合に生理周期が遅れ、生理痛が酷くなることがあります。

人工授精(AIH)の後、痛みはどれくらい続く?

器具やカテーテルが原因で起こる出血はすぐに止血することが多く、特に問題ありません。
ただし出血と同時に腹痛があったり、出血が長く続く場合は、病院を受診するか先生へ相談をしてください。

不妊治療の検査では、痛みを伴うことも多く気が重くなりがちですね。
費用も負担になることが多く、また多くの女性にとってはホルモン剤での副作用や内診も不安要素のひとつ。少しでも不安要素を減らして、ママへの道が近づくことをお手伝いできればと思います。ぜひリラックスして挑んでくださいね。

卵子提供丸わかりガイドプレゼント!

アドバイザーみどり
こちらから私がまとめた卵子提供丸わかりガイドを無料で提供しております! 卵子提供は正しい情報が伝わりにくいので、親身な企業もあれば不誠実な企業も残念ながら存在します。後悔しないために、ぜひ参考にしてください。