AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査とは?

AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査というのをご存知ですか?この検査を受けると、「あとどのくらい排卵し続けることが可能か。」と予測できる検査です。つまり、卵胞の中にどのくらい卵子が残っているかを検査するのです。この検査は妊活中の方たちが行う、不妊治療の検査の1つとされています。今回は、そのAMH検査について、詳しくご紹介しましょう。

AMH検査とは

amh検査とは?

AMHとはアンチミューラリアンホルモン(抗ミュラー管ホルモン)と呼ばれるホルモンのことです。またのを「卵巣年齢検査」とも呼びます。
精子は毎日作られますが、卵胞は女性が胎児のときに一生分作られます。そして、年齢を重ねるごとに、どんどん減っていきます。
AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査を受けることで、「卵巣にどのくらい卵胞が残っているか」がわかるのです。

AMH検査の時期はいつ

amh検査はいつ?

このAMH検査を受けるのに、月経周期に関係なくいつでも受けることが可能です。クリニックによっては、不妊治療を始めるにあたり、このAMH値を検査することを勧めているクリニックもあります。このホルモン値を知っておくことで、クリニックの医師が治療を進めていく上で、目安になるからだと考えています。

当然若ければ、若いほど作られる卵子の数は多く、質の良い卵子が出来る確率も高くなります。しかし、若くても、AMH値が低いこともあります。月経がきちんと来ている人でも、起こりえることなのでこのAMH値については、検査をしてみなければわかりません。

AMH検査でわかること、数値の考え方

2017.01.03

AMH検査の費用

費用

AMH検査は、保険適用外のため自費診療になります。そのため、料金については、クリニックよって様々ですが、一般的には約6,000円~10,000円が相場となっているようです。

AMH検査の数値の見方

数値結果は、ng/mlであらわします。
AMHの検査結果はあくまでも、妊娠力の目安だと言えます。値の測定誤差は約±15%と言われており、またAMH値には年齢に応じた基準値があるため、ただ値が高いからいいというわけではありません。

AMH検査の正常値

amhの正常値

卵子の数は胎児のときに作られ、数は決まっています。増えることは決してありません。
年齢とともに減少していきますが、年齢別に基準値が設定されており、その基準値は年齢によって様々です。もちろん個人差もあります。
27歳以下 6.04ng/ml
28~29歳 6.15ng/ml
30~31歳    6.31ng/ml
32~33歳 5.42ng/ml
34~35歳 4.75ng/ml
36~37歳 3.82ng/ml
38~39歳 3.18ng/ml
40~41歳 2.44ng/ml
42~43歳 1.67ng/ml
44~45歳 1.31ng/ml
46歳以上 1.00ng/ml
(参照:日本生殖補助医療標準機構)
上記を見てわかるように、年齢とともにAMH値が低下してきています。
しかし、ここでわかるのは、卵子の数であり、卵子の質ではありません。間違えないようにしましょう。

AMHの検査の結果が低いときは

amhの数値が低い時は?

不妊治療をしている人達のブログなどを拝見すると、AMH値が低いから落ち込んでいるという人をよく見かけます。
しかし、AMH値が低いからと言って、妊娠が出来ないわけではないのです。AMH値はあくまでも、卵巣の中にどれだけ卵子があるかという数が反映される検査なので、卵子の「質」とは関係ありません。AMH値が低くても、卵子の質が良ければ、ちゃんと受精できて妊娠できるのです。AMH値=妊娠力というわけではないのです。
AMH値の数値が高いということは、妊娠しやすいということではなく、「妊娠まで時間をかけても大丈夫」ということです。反対を言うのであれば、数値が低い人は、妊娠に向けて早く対策を取らなければいけないということです。

数値が低いとクリニックの医師は、不妊治療を進めるにあたり、タイミング法や人工授精ではなく、体外受精(顕微授精 )を提案するでしょう。やはり卵子の数が少ないと、妊娠する確率は決して高くないからです。

AMH検査を東京で受けるなら

東京六本木レディースクリニック
完全予約制 電話かWEBシステムから予約可能

AMH検査を大阪で受けるなら

春木レディースクリニック

AMH検査を横浜で受けるなら

横浜HARTクリニック

AMH検査を名古屋で受けるなら

浅田レディースクリニック

AMH検査を福岡で受けるなら

蔵本ウィメンズクリニック

まとめ

いかがでしたか?不妊治療をしている人の全てがAMH値検査をするわけではありませんが、自分のAMH値を知っておくことで、自分の体質をはっきりさせることが出来ます。
AMH値低い=妊娠できない。ということではありません。あなたの体質に合った妊活を
進めていきましょう。

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。