卵管造影検査とは?

不妊の原因を見つける方法として、卵管造影検査が活用されてています。名前だけは聞いたことがあるけれど、実際にどんな検査か知らない妊活ママも多いようです。

また卵管造影検査によって「妊娠しやすくなる」という噂もあり、本当かどうか気になるところですよね。

そこで今回は、不妊検査の一つである卵管造影検査について、検査の方法や、検査時期のベストタイミングはいつか、費用、痛みはるのか、出血はするのか?副作用はあるのか、妊娠しやすくなるのか、詰まっていた時はどうするかなど、気になるポイントをまとめました。

卵管造影検査とは?

卵管造影検査とは?

女性の体の中では、月に一度のペースで排卵が起こります。その際、排卵された卵子が子宮に向かう通り道を卵管といいます。もし卵管に詰まりや癒着、ポリープなどがあると受精卵が子宮に到着できず、着床を妨げてしまい、不妊症を引き起こします。卵管造影検査とは、そんな卵管の障害による不妊の原因を見つけるために行われる検査です。

子宮に造影剤を注入して、その広がり方をレントゲンで見ることで卵管がきちんと通っているのか、子宮に奇形や腫瘍などがないかなどを調べることができます。子宮も同時に調べられるため、子宮卵管造影検査とも呼ばれます。

卵管造影検査を受けれないタイミングは?

タイミング

卵管造形検査を受ける予定の女性が以下の8の状態の場合、

① 女性の子宮や卵管、骨盤内臓器に急性の炎症がある場合。
② 女性の子宮や腟にクラミジアや淋菌が感染していている場合
③ 女性の子宮からの出血が多量のとき。
④ 女性の月経中および月経直前。
⑤ 女性の排卵後および子宮内妊娠の可能性がある場合。
⑥ 女性の妊娠中。
⑦ 女性の子宮や卵管の悪性腫瘍が疑われる場合。
⑧ 女性のアレルギー体質、特にヨード過敏症のある場合。

卵管造影検査の方法は?

卵管造影検査の方法とは?

卵管が通っているかどうかを肉眼で判断することはできません。造形材とレントゲンを活用することで、子宮の中をレントゲンでくまなく確認することがきるため、卵管が詰まっていないかどうかを判断できるのです。

病院によって多少の違いは出てきますが、一般的な卵管造影検査の方法をご紹介します。

1. レントゲン室に通され下着を脱ぐ。
2. 検査台に横になり、消毒をする。
3. 検査準備で子宮内にバルーンカテーテルを入れて膨らませる
4. 子宮口から造影剤を注入する
5. 造影剤が子宮内で広がる様子をレントゲン写真で確認する
6. 菅をはずして消毒終了

卵管造影検査後の痛みや出血は?

卵管造影検査の痛みは?

卵管造影検査では、外からバルーンや造影剤を入れることによる痛みを伴うことがあります。

痛みの感じ方は個人差があるため一概にはいえませんが、生理痛のような痛みを下腹部に徐々に感じる方もいれば、針を刺されるような痛みという方や、耐えれないほどの激痛だったという方もいます。

基本的にはあまり痛みを感じないものですが、痛みを強く感じた場合、卵管が詰まっているなど。卵管になんらかの問題がある可能性があります

検査時の痛みが不安なときには、病院によっては痛み止めや麻酔などを使って痛みを和らげる方法をとっているのところもあります。バルーンを取った後は、違和感がなくなりスッキリします。

また、卵管造影検査後に出血を伴うことがありますが、これは器具を入れた際に子宮内膜を少し傷つけてしまったことが原因と考えられます。ほとんどの場合数日で出血は止まります。

卵管造影検査後にはゴールデンタイムに性行は?

ゴールデンタイム

卵管造影検査のあとは、3ヶ月~6ヶ月ほどゴールデンタイムがあります。卵管造検査のおかげで卵管の通りが抜群に良くなり、精子が入りやすくなります。なので受精しやすい状態になっているのです。

なので卵管検査後の性行為は妊娠のゴールデンタイムとして広く知れ渡っているのです。この時期は痛みを取り返しに行っていただきたいですね。

卵管造影検査の費用は?

卵管増加検査1回あたりの検査で5,000円~15,000円くらいの費用がかかります。

卵管造影検査は、自治体で助成金を使える可能性が高く、医療費控除の対象となりますので、検査を受ける前にあなたの住んでいる市区町村で

卵管造影検査の時期はタイミングはいつ?

卵管造形検査のタイミングは

卵管造影検査の実施タイミングは決まっており、いつでもできるわけではありません。卵管造影検査を行えるタイミングは、生理が終了してから排卵までに実施をします。全体で約2週間かかることが多いです。

・例
・1日目:卵管造影検査
・2日目:卵管造影検査2日目
・4日目:タイミング
・6日目:排卵予想
・8日目:タイミング
・9日目:黄体ホルモン注射

インターネット上には、放射線の影響で必ず避妊をしてくださいという情報サイトもありますが、ひと昔前の情報になります。

いまだに避妊を推奨する病院もありますが今ではクリニックで確認していただいらわかりますが、なんら問題ないとのことです。

卵管造影検査の時間は?

卵管造影材の時間は

卵管造影検査では、造影剤を投薬した直後に1回、次の日に1回、レントゲン撮影を行います。最近はリアルタイムでの診断を行う産婦人科もあります。

最初の検査時間は座薬をいれて30分後に開始しました。(※座薬は使わなくても問題ないそうです)1回目の検査は30分から60分くらいかかりますが、翌日に最終的な状態を見るために再度レントゲンの撮影を行いますが、5~15分程度で検査は終わります。

卵管造影検査で妊娠する?

卵管造影検査自体は治療ではありませんが、造影剤が卵管を通ることによって軽度の詰まりなどが解消され、妊娠する確率が高まるといわれています。

病院の中には、軽度の不妊症の治療目的で卵管造影検査を行う病院も。ただし、あくまでも検査なので、きちんと不妊の原因を解明し、それにあわせた治療が重要なことに変わりはありません。

卵管造影検査後の6ヶ月、特に最初の3ヶ月間は妊娠しやすくなるといわれています。妊活中の方は、検査後は積極的にタイミング法などにトライしてみましょう。

卵管造影検査の副作用は?

卵管造影材の副作用は

大きく子宮卵管造形検査の過程が原因の副作用と、使用する造形材アレルギーが原因の副作用の二つがあります。

子宮卵管造形検査が原因の副作用

以下の4つが挙げられます。

  • 腹膜炎
  • 性器出血
  • レントゲン撮影による微弱な被曝
  • 血栓症

腹膜炎

腹膜に細菌が感染することでおきるのが腹膜炎です。書状としては発熱や、悪寒、嘔吐などの症状がでてくるtことがあります。検査後に腹膜炎が発生することがあるので、検査後に抗生物質を数日服薬することがあります。

性器出血

性器から出血することがあります。痛みもあるので、問題があるのではないかと不安に思う方も多いですが、特に問題のないケースが多いですが、ふあんであれば担当の医師に一度相談しましょう。

レントゲン撮影による微弱な被曝

ごく少量ですが、放射線を使用します。そのため排卵造影検査を行った周期に関しては、避妊をすすめられることもありましたが、多くのクリニックで問題ないと言われることがおおいです。

血栓症

脈管侵入を起こし血栓ができることがあります。

造形材アレルギーが原因の副作用

軽度の場合は疼痛や発疹が現れます。重度の症状の場合は、アナフィラシーショックが見られることがあります。

疼痛や発疹

100回に1人くらいの確率で、かゆみが出る方がいるそうです。数日で痒みがなくなるケースが多いので、とりわけ気にすることもありません。

アナフィラシーショック

約3万人に一人の確率と論理値では低いですが、意識を失ったり、息苦しくなってしまったりする場合があります、その場合は入院が必要になります。

卵管造影検査で見つかる病気は?

編集中です、もうしばらくお待ちください。

卵管造影検査で詰まっていた時は?

詰まっている時は

造影検査で両側性の卵管閉塞であれば、何らかの原因があると考えられますので、検査を行う必要があります。
例えばクラミジアによる卵管障害であれば、内腔の閉鎖~狭窄だけでなく、卵管采周囲の癒着が起きている可能性がありますので、卵管鏡による拡張術だけで は改善しない場合があります。
通過性があっても、卵管内の線毛が障害されていれば輸送障害となり、子宮外妊娠の原因となることもあります。
子宮内膜症による卵管障害であれば、癒着は卵巣~卵管周囲から骨盤内に波及するため、その癒着は強固であり、手術でなければ剥離できるものではありませ ん。
卵管の検査は比較的再現性が高いので、転院して再度検査を行っても同じ結果となる可能性が高いと思います。

むしろ重要なのはこうした結果を受けて、どのような治療の選択肢を提示してもらえるかであり、治療方針をじっくり検討してくれる医院であれば転院する必要はないと思います。

【毎月5名限定】卵子提供の無料相談!

無事に赤ちゃんを出産するために!

妊娠に成功する!体外受精/卵子提供の無料相談!

「子供がほしい!」
「不妊治療を続けているけど成果がでない。」
「体外受精をしたけれど子供ができない。」
などを感じている方は、卵子提供を考えるタイミングです!

なぜなら、現在、日本で提供できる技術には限りがあり、海外の医療技術を駆使すれば妊娠できる確率は40%-50%と高いからです

しかし中には間違って、妊娠成功率やドナーの条件の悪いエージェントを活用して後悔している人もいます。

その理由は事前に情報収拾を行なっていないからです。もっとより卵子提供エージェントがあるにも関わらず、面倒くさいという理由だけで、調べずに決めてしまうのです。

そこで私は事前に全ての卵子提供エージェントの情報をまとめた無料相談をお勧めさせていただいてます。

無料相談では、

①簡単3分程度から相談できる。
②今より妊娠成功率の高いエージェントを見つけれる
③今より安い費用帯でエージェントをみつけることができる。
というメリッットがあります。

下記の無料相談窓口では全世界の卵子提供エージェントの情報を3分程度で相談可能です

・手軽に手間なく妊娠成功のための情報を見つけたい方!
・卵子提供実施後に後悔したくない方!
は、ぜひ一度相談をお勧めします。