神奈川レディースクリニックの体外受精の体験談

今回は神奈川レディースクリニックで体外受精をされた、近藤さんにインタビューしました。実際の体験談や、口コミは参考になると思います。

もともとはKLCでないクリニックで通院されていたものの、転院して神奈川レディースクリニックに通院、第一子を体外受精、第二子も凍結胚移植にて妊活中の近藤さんのインタビューです。ぜひご活用ください。

不妊治療のきっかけは?

ままる運営事務局 みどり
近藤さん、本日はよろしくお願いいたします。近藤さんの神奈川レディースクリニックでの体験談をお伺いさせてください。まずは不妊治療をはじめたきっかけを教えていただけますか?
近藤さん
わかりました。きっかけは、不正出血で受診した際に妊娠を希望していることを医師に伝えたのがきっかけでした元々生理痛がひどくそれがいけないという訳ではないけれどなんとなく授かりにくいかもしれないという気がしていたので検査を始めることにしました
ままる運営事務局 みどり
なるほど。先に全体像を掴むために行なった治療と、費用からお伺いしてもよろしいでしょうか?
近藤さん
検査から始まりタイミング法(2回)→人工授精(5回)→体外顕微授精(1回)一子を授かりました2年半の治療で70万円くらいですまた二子を希望し凍結胚移植を3回行い60万円くらいです
ままる運営事務局 みどり
二人のお子さんを体外受精で授かっているのですね。近藤さんは不妊治療の回数を重ねていると思いますが、不妊治療をはじめる前に予算はきめていたのですか?
近藤さん
はい。予めきめていました。第一子を産む時から、できれば二人子供がほしいなと考えていたので、200万円の中でできるところまでしようと決めてきました。結果的に予算内で第二子まで出産することができてよかったです。
ままる運営事務局 みどり
それは本当によかったです。もう少し具体的に不妊治療の経験についてお伺いしてもよろしいでしょうか?
近藤さん
私は人工授精は5回までと決めていてこれが最後という5回目でトラブルが起きました私は排卵しにくく誘発剤を使用してもなかなか排卵しないということがありました排卵日がわかりにくいため人工授精の日を決めるのが難しかったのです排卵日近くになると何度も通院しタイミングが合うようにしていました
ままる運営事務局 みどり
体外受精になると通院回数も増えるので精神的にも肉体的にもかなり負担が増えますね。その上すぐに診療をうけれるわけではないので、大変でしたね。

排卵がうまく出来ずに苦労した人工授精

近藤さん
そうなんです。4回の人工授精の際は排卵間近という状態で後日排卵確認で受診すると排卵しているということでタイミングとしては合っていました5回目の時も人工授精の際は排卵間近と言われましたが排卵確認をするとまだ排卵していなかったのです人工授精を行なってから数日が経っていたということは無駄に終わったということです
ままる運営事務局 みどり
それは辛い経験でしたね。
近藤さん
妊娠できるタイミングは月に一度、年に12回程です。一度失敗するとまた一ヶ月後、それを繰り返すうちに年齢も上がっていってしまうのです。貴重な一回なのです。なので、排卵がまだならもう一度人工授精をすることは可能か医師に尋ねました。
ままる運営事務局 みどり
お医者さんにはなんと言われたのですか?
近藤さん
すると、可能ですが費用はもう1回分かかります、と。診察室から出てすぐに仕事中の主人に電話をし、この失敗の状況を伝えました。私はどうしたらいいかわからず少しパニック状態だったと思います。主人と医師が直接電話で話すことになりました。
ままる運営事務局 みどり
旦那さんと先生との会話はどのようなものだったのですか?
近藤さん
今周期2回目の人工授精は可能だが費用はもう1回分かかることをどうにかならないのかという話になると、「2回目を提案されたのは奥様です。」と医師が言いました。病院側からは費用がかかる治療を勧めていない、患者側からの提案に答えただけだというような、冷たい対応に主人は激怒しました
ままる運営事務局 みどり
その後どういう決断をされましたか?
近藤さん
もちろん2回目を行うこともなく、元々5回までと決めていたので最後の人工授精はこうして虚しく終わりました。次はステップアップと考えていたので、このトラブルを期に体外・顕微授精で実績のある病院を検索し転院をしました

神奈川レディースクリニックへの転院

ままる運営事務局 みどり
そこで転院されたクリニックが神奈川レディースクリニックということですね。
近藤さん
そうです。しかしながら、トラブル後病院へ行くは気が重かったですが、今までの治療歴をもらわなければ次の病院で検査のやり直しになってしまうので、意を決して行きました。そして、不妊治療専門の病院へ転院しました。転院して思ったことは、病院や医師にも相性があるということです
ままる運営事務局 みどり
どの辺りでそう思われましたか?
近藤さん
ただでさえデリケートな治療ですので、通院にストレスがあっては良い状況ではないのではないでしょうか。短い診察時間に医師に聞けることには限りがありますが、転院先ではそうした不安や疑問を相談できるシステムがありました。そこで直接話を聞いてもらえるということが安心して治療できたポイントだったと思います。転院先にて体外・顕微授精1回目で第一子を授かることができました

旦那との不妊治療でのイライラ

ままる運営事務局 みどり
本当にお子さんを授かることができよかったですね。振り返ってみて、不妊治療の経験の中で大変だったことはありますか?
近藤さん
治療の話をしていると夫婦喧嘩のようになることがありました主人の方が治療に熱心で医師の言われるがままになっていたり医師の説明がよくわからないまま帰宅した時に責められている感じになるのが嫌でした
ままる運営事務局 みどり
不妊治療の時は、気持ちに寄り添ってほしいものですね。成果をだしたいこともありますが、女性への負担は男性の精神的負担より大きいですからね。
近藤さん
そうですよね。治療をするのも医師と話すのも私で通院に主人が一緒に行くというのは現実的に難しかったです私はシフト希望制のパートをしていましたが通院日とシフトのスケジュール調整も大変でした
ままる運営事務局 みどり
その中でよく不妊治療を続けることが出来たと思います。よく頑張りましたね。
近藤さん
つらかったですが、頑張りました。生理がきたら何日後に受診といったからだのリズムによるところもあり予定が立てにくい状況もありました考えれば考えるほど生理周期が崩れたりします

パートと不妊治療の両立の大変さ

ままる運営事務局 みどり
パートをされていたとのことですが、仕事との兼ね合いはいかがでしたか?
近藤さん
フト希望で出勤可能と提出したのに突然休むのは職場に迷惑がかかります受診日をズラしたことで結果に繋がらないのではないかと思ったりスケジュール調整にもストレスがありましたまた二子の治療の際は一子の預け先の確保が大変でした両方の実家が遠くいくつかの一時預かりに登録をしていました生理がきたらすぐに一時預かりに連絡をしますが直前では予約の空きがなかなかみつかりませんでしたパートの時と同じようにスケジュール調整に苦戦しました
ままる運営事務局 みどり
本当に最後までがんばった近藤さんを讃えたいと思います。今日はありがとうございました。
近藤さん
こちらこそ、ありがとうございます。この体験が不妊治療で辛い思いをされている方のお役に立てれば嬉しいです。

 

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。