体外受精の費用は?

体外受精の費用とは

体外受精(IVF)は費用は、平均1回あたり30万~50万が相場と言われております。

そこで今回は高額な費用負担を削減のために、主要クリニックの費用から、助成金は使えるのか、医療費控除はできるのか、顕微受精にステップアップした場合どれくらいの費用がかかるのかを紹介させていただきます。

体外受精のプランと費用

不妊治療における一連のプランは先ず不妊検査から始まります。検査によって不振症が診断された場合、医師と相談の上で、その後の治療方法が決定されます。

一般的には、タイミング療法、人工授精、体外受精の順にステップを踏むことになりますが、出産の高齢化がすすむ今日では、途中プロセスを経ずに体外受精にチャレンジする夫婦も増えています。

当然ながら、ステップが進むにしたがって妊娠の確率は上がります。費用は個人によってカスタマイズされるためそれぞれです。

体外受精1回の費用の相場平均は?

体外受精の費用の平均は1回あたり30万-50万円です。保険外のサービスになりますので、オプション費用や、そもそもの治療代が高く100万近くかかるところもありますので、事前に確認が必要です。

主要クリニックの合計金額比較

主要なクリニックでは基本的に30万円前後の設定担っています。オプション料金でも金額は変わってきますので、参考までにしてみてください。

クリニック名
加藤レディースクリニック(KLC) 約310,000円
諏訪マタニティクリニック 約350,000円
とくおかレディースクリニック 約330,000円
オーク住吉 約290,000円
浅田レディースクリニック 約320,000円

体外受精の費用に使える助成金は?

不妊治療に関わる高額な医療費負担を軽減するため、国は助成金制度を設けています。体外受精と顕微授精を特に「特定不妊治療」とし、一回の治療につき15万円(初回は30万円まで)の助成金を最大6回まで認めています。

市区町村によって使える助成金が異なります

詳しくは厚生労働省のホームページ等をご確認ください。また、これと別に区や市町村で独自の助成金制度を設けているところがあります。地域による差はあるようですが、このような助成制度は積極的に活用するべきでしょう。

体外受精の費用は医療費控除できる?

体外受精は医療費控除の適応内です。助成金をうけとっていたとしても医療費控除の対象内です。

体外受精をする際は、10万を医療費が超えていれば対象の範囲内になります。実際に体外受精を1回すれば10万は最低でもかかってしまうので、医療費控除ができます。

医療費控除で見落としがちなのは?

交通費と宿泊費!もちろん、体外受精のために利用している金額ですので、医療費控除の対象ないですが、見落としている方も多いのでぜひ注意してみてください。

卵子提供にかかる費用~医療費控除で100万円得する方法も

2017.05.20

体外受精やその他不妊治療の費用は?

また、これとは別に費用の問題もあるでしょう。体外受精をしてから、顕微受精や卵子提供に治療がステップアップした場合は、さらに費用がかさみます。

顕微受精の場合は80万程度費用がかかるでしょう。

  • タイミング療法:2000-4000円/1周期
  • 人工授精:10,000円~50,000円/1周期
  • 体外受精:300,000円~500,000円/1周期
  • 顕微授精:800,000円/1周期

タイミング療法の支払い目安が1周期あたり平均2000円から4000円程、妊娠率が5~6%。人工授精の費用が1周期平均10000円から50000円程、妊娠率が7~9%といわれています。

人工授精は回数を重ねるほど妊娠率が下がります。5,6回を目安に、不妊治療プランの最終段階である体外受精へのステップアップが勧められるようです。

体外受精の費用とスケジュール

カレンダー

体外受精の流れは大きく7ステップに分かれます。生理開始日の前後からスタートし、排卵、採卵、精子採取、受精、胚の育成、胚移植、着床、の流れで進みます。体外受精のスケジュールを以下にくわしくみていきます。

1、排卵

体外受精の治療は生理の日から始まります。まず、点鼻薬を使って適切な時期が来るまで排卵が起こらないようにします。

これと並行して排卵誘発剤を使い卵胞を成長させます。排卵誘発は薬の投与開始のタイミングによって、ショート法、ロング法、アンタゴニスト法に分類されます。

ショート法

ショート法は、治療期間が短く薬の使用も少量ですみますが、卵巣機能が低下していると卵胞が十分に育たないというデメリットもあります。

ロング法

ロング法は、採卵日をコントロールしやすい、複数個の卵胞を均一に育てられるという利点があるのに対し、注射量が多く費用が高くなる、というデメリットがあります。

アンタゴニスト法

アンタゴニスト法は、ショート法、ロング法で効果が出ない場合に選択される方法です。アンタゴニスト製剤の投与によって成熟前の排卵を抑えます。

これによりショート法、ロング法よりも卵胞が発育しやすくなります。しかし、アンタゴニスト製剤は高額であるため、卵胞の発育が遅いとその分費用も高くなってしまうというデメリットもあります。

なお、薬の投与は自己注射の方法で行うこともできます。自己注射の場合、その費用は病院で行うよりも若干高くなりますが、通院の交通費などを考慮して自己注射を選択する方も多いようです。

2、採卵

成熟した卵胞は採卵針を使用して吸引、採卵します。膣内に直接器具を入れるために、全身麻酔をするのが一般的のようです。

費用としては50000円(ファティリティクリニック東京)のところから、350000万(諏訪マタニティクリニック)のところまで様々です。

3、精子採取

精子採取は自宅か病院で行います。マスターベーションによる射精から2時間以内に専用の容器に入れて病院に渡します。精子は遠心分離機によって質の高いものだけが選定されます。

費用は0~3万円が一般相場です。

4、受精

洗浄処理された精子と採卵された卵子を、培養室において胚培養士(エンブリオロジスト)が受精させます。

実際のところ、エンブリオロジストの技術には格差があるようです。受精の成功確率はエンブリオロジストの腕によってかなりの差が出ます。

5、胚の育成

受精した胚は分割を続けます。子宮に戻すまで温度管理された培養器の中で培養を続けます。胚が複数個育った場合、次周期に備え凍結保存することができます。

ただし、凍結のための費用は追加で5万円ほどかかるようです。

6、胚移植

選別された受精卵(初期胚)を女性の子宮内に戻します。細いカテーテルが膣から入れられますが痛みはなく数分で終わります。

移植される受精卵は原則一個です。凍結された受精卵を融解して使うこともあります。胚移植の後、女性は数時間安静にしなければなりません。

500,000円~100,000円程度の費用がかかります。

7、着床

受精・胚移植後の数日間、胚の着床をサポートするために黄体ホルモン剤を投与します。ホルモン剤の投与方法は、注射、飲み薬、膣座薬などがあります。注射の場合は通院が必要です。

黄体ホルモンの薬の値段は注射で500円ほど、飲み薬だと1周期分で1500円程度、膣座薬で一錠300円程度です。追加のホルモン検査を行う場合もあり、費用はその回数によって変わります。

胚移植から約一週間後、尿検査によって妊娠の有無を検査します。妊娠が確認された場合、黄体ホルモンを補充します。

体外受精の成功確率は?

確率
体外受精の妊娠成功確率は一般に約20%~40%と言われていますが、年齢や病院・クリニック等によっても大きく異なります。

2013年の厚生労働省発表によれば、20歳で36%、25歳で38%、30歳で39%、35歳で36%、40歳で24%、45歳で2.4%だそうです。数値からみると、40歳が一つの区切りとも考えられそうです。

30代の成功確率

だいたい30~40%の間におちつきます。30代であれば比較的妊娠の可能性がみこめますので、費用をかけてしやすい年代ではあると思います。ただなかなか、30代は自然に子供ができると考えている方も多いので、40代にくらべて実行している人はまだ少ないです。

40代の成功確率

2%~20%と低くなっています。42歳になるとぐっと成功確率がさがってしまうので、できる限り40なる前に、不妊治療をすることをお勧めしています。

体外受精からステップアップ、顕微授精とは?

上昇傾向
これまで見てきた体外受精よりも更に一段上のステップとして顕微授精があります。顕微授精は体外受精と比べても受精率が高いといわれます。

その治療のスケジュール自体は体外受精の場合とほとんど変わりません。唯一異なるのが受精の方法です。

体外で受精させる時、体外受精では精子を卵子に振りかけて自然の受精を待ちます。これに対して顕微授精は顕微鏡を見ながら卵子の中に直接に精子を注入します。

顕微授精のこの工程には80000円程度の費用がかかるといわれています。したがって体外受精と比べてもさらに高額になってしまいます。受精率は上がるが費用も上がる、これが顕微授精の特徴です。

体外受精の費用は?

最後に、体外受精の費用に関する問題です。結論から述べますと、体外受精の費用はとても高額です。その理由は体外受精には健康保険が適用されないからです。“不妊は病気ではない”これが保険不適用の根拠です。

ちなみに「不妊の原因」は病気とみなされます。したがって病気を見つけるための検査という形になるタイミング法については保険が適用されます。その先の治療、人工授精、体外受精は保険不適用です。

体外受精の費用に差がある

体外受精の1周期あたりの費用はおよそ20万円から80万円といわれています。大きな差がありますが、これは排卵誘発剤や抑制剤など、これまでより多くの薬を使うほかに、受精、着床の際のオプション追加が各ケースによってそれぞれ異なるためです。

体外受精は一度で成功するとはかぎりません。チャレンジを繰り返せば相当な額となってしまいます。個人の経済的な負担が大きいため、医療機関によっては二回目以降の体外受精の費用を割引にしたり、成功報酬制による支払いにしたりするところもあるようです。

卵子提供丸わかりガイドプレゼント!

アドバイザーみどり
こちらから私がまとめた卵子提供丸わかりガイドを無料で提供しております! 卵子提供は正しい情報が伝わりにくいので、親身な企業もあれば不誠実な企業も残念ながら存在します。後悔しないために、ぜひ参考にしてください。