体外受精の採卵方法とは?痛みはあるの?

体外受精の採卵方法や流れ、採卵した際にとれる卵子の数から、採卵にかかる時間やスケジュール、採卵の痛みといった採卵に関するテーマでお伝えさせていただきます。時間はまた病院によって麻酔の使い方(局部麻酔か静脈麻酔)や採卵方法や、採卵日、採卵後の痛み、スケジュールは様々です。

体外受精の採卵方法と流れ

採卵

卵子を取り出して、専用の針を使って卵子を女性の体から取り出します。採卵において選ばれる卵子はより成熟した大きい卵子が選ばれます。この際卵子だけではなくて、卵胞液ごと採取されます。この際に針を卵巣に刺すことから、痛みがないのか心配されるかたが大半ですが、痛みの有無は人によって異なります。

採卵は麻酔をかけずに行うこともありますが、患者の希望によって局所麻酔をかけて行うこともあります。これまでの治療の中で痛みを感じやすい方はお医者さんに相談して麻酔をするのもよいでしょう。

採卵方法の種類

採卵の種類

採卵の方法にはいくつか種類があります。自然周期にあわせて採卵をする方法と、排卵誘発剤を活用して刺激を与えて、卵巣から卵子を強制的に採卵する方法です。どちらが絶対にいいということはないので、あなたの状況にあわせて医師と相談しながらどちらで進めるかを決めていきましょう。

自然周期で採卵をする場合は、体への負担は少なくなりますが、採卵の前に排卵して採卵できないことがあります。加えて自然周期では排卵される卵子は1つだけなので受精卵になる可能性も低くなります。

一方で排卵誘発剤を利用する場合にもいくつかありますが、メインでいくとクロミフェン法と、アンタゴニスト法、ロング法があります。

クロミフェン法では卵胞を成長させながら採卵を行います。卵巣への刺激が強くないのも特徴ですが成長をはやめすぎて早期排卵してしまう可能性もでてきます・

アンタゴニスト法は採卵したいタイミングに合わせてピッタリと卵胞を成長させることができます。それゆえに排卵のタイミングをコントロールでき、排卵誘発剤の使用料が少ないので体への負担が少ないです。

ロング法は卵巣への刺激が強いものの、多くの卵子を採卵できるのが特徴です。通常の排卵誘発剤で採卵dきない場合において、利用されることが増えてきています。それでは各々を見てきましょう

体外受精にかかる時間と採卵スケジュール

かれんだー

クリニックや、不妊の原因によって、担当医師がどの方法で卵子を育てるのかを決め、スケジュールを組みます。採卵は基本的には日帰りで行いますが、採卵は妊婦への負担が大きいため、採卵後に病院で休んでかえることが一般的です。

採卵した日は精神的にも肉体的にも疲れており、麻酔がきれて痛みがでることもあるので、基本的には他の予定を入れずに運転等も控えるほうがよいでしょう。できる限りタクシーや、身内の方の送り迎えしてもうらことが好ましいでしょう。

採卵自体にかかる時間は15分前後ですが、採卵の麻酔や、麻酔後の安全をとって日帰りとなることが多いのです。

 

アゴニスト法を活用する場合

採卵スケジュール
HCGを活用するため、卵巣過剰刺激症候群になる可能性があります。

  • 月経1日目: アゴニスト点鼻薬の利用開始
  • 月経3日目: FSH,HMg注射の利用開始
  • 月経8日目: 卵胞チェック
  • 月経13日目: 採卵
  • 月経16日目: 胚移植day2.3
  • 月経18日目: 胚移植day4.5
  • 月経27日目: 妊娠判定

ロング法の場合のスケジュール

下垂体ホルモンを抑制するため、卵胞の発育を完全にコントロールできます。排卵日のコントロールも可能です。代わりに注射量が多くなるもがデメリットです。アゴニスト法同様に、卵巣過剰刺激症候群になる可能性があります。

採卵スケジュール
  • 月経1日目: アゴニスト点鼻薬の利用開始
  • 月経3日目: FSH,HMg注射の利用開始
  • 月経8日目: 卵胞チェック
  • 月経11日目: hcG注射
  • 月経13日目: 採卵、応対訪問の補充開始
  • 月経16日目: 胚移植day2.3
  • 月経18日目: 胚移植day4.5
  • 月経27日目: 妊娠判定

精子の数が少ない場合の流れは?

精子の数が少ない場合は、顕微鏡使って、培養液内で1つの卵子に1つの精子を針で刺すという方法の顕微授精を行う場合もあります。

複数の受精卵が出来た場合は、次回の移植まで、凍結保存しておくことができます。受精卵として成長したものを、子宮に移植します。約10日後に妊娠判定を行います。

また卵巣を刺激することによって、複数の卵子を採取することも可能です。その使用する排卵誘発剤には、下記のようなものがあります。

 

体外受精で使用する排卵誘発剤の種類

排卵誘発剤

排卵誘発剤は、生理前にエストロゲン、黄体ホルモン(LH)、AMH、FSHの値を測定し、どの排卵誘発剤がいいかを判断します。

hMG

hMG製剤は「FSH製剤」と呼ばれる排卵誘発剤の1つです。成分にはFSHとLHが含まれており、性腺刺激ホルモンを注射することで卵巣を直接刺激します。

クロミフェン

クロミフェン製剤は、内服薬の排卵誘発剤として最もポピュラーなものです。

体外受精だけでなく、タイミング法でも使用されます。このクロミフェンを長期に渡り使用し続けると、子宮内膜が薄くなる傾向があるので、

採卵をした後は、すぐに移植はせず、受精卵は一度凍結をして、一度生理を起こしてから移植する流れが一般的です。

アゴニスト

アゴニスト製剤はLHサージのタイミングをコントロールするために用いられます。ショート法やロング法に用いる製剤です。アゴニスト製剤は点鼻薬です。

アンタゴニスト

アンタゴニスト製剤は排卵を抑制する効果があります。排卵日をコントロールすることで、採卵の成功率があげる効果があります。

体外受精1回目で妊娠できる人もいれば、数回行っても妊娠に至らない場合もあります。

体外受精の採卵の費用は?

体外受精の採卵費用

体外受精の採卵費用は10万前後が相場となっています。採卵前に排卵誘発剤によって別途5〜10万が費用としてかかります。実は、体外受精で最も費用がかかるのは「採卵」です。体外受精全体では30-80万程度のクリニックがあります。

もし複数の卵子を採卵出来て、受精卵を凍結することが出来れば、1度目の移植で妊娠に至らなくても、2度目は採卵を行わず冷凍胚を移植するだけでいいのです。

ですから、採卵を行う人は、複数の卵子と採卵できたら冷凍保存をおすすめします。もちろん採卵できる卵子の数は、排卵誘発の方法や治療を受ける人の年齢よって平均値が変わります。

採卵の凍結にかかる費用

採卵の凍結にかかる費用は、凍結作業と冷凍保存量で10万円程度です。上記のグラフをご参考ください。

採卵後の移植にかかる費用

だいたい7万円前後になります。クリニックによっても費用は変わります。これに追加で黄体ホルモンを補充する場合がありますが、その場合は別途1万円程度費用がかかります。

体外受精採卵後の痛み

痛み

採卵の際には、採卵は膣に針を刺して行うため痛みを抑えるために麻酔をうちます。

採卵中はもちろん痛みを感じませんが、採卵後に麻酔がきれると、子宮に何度も針をさされているわけですから当然痛みを感じます。場合によっては、卵巣の腫れが続くこともあります。

採卵後は、卵巣が腫れることも?

実際に採卵後に妊娠1ヶ月後まで腫れが続いたという方もいます。歩くだけで卵巣に響いて、痛みが出た等方もいます。

そのため、採卵後痛みが引いてから体外受精を進める病院も多くなってきているようです。

体外受精の採卵の個数平均は?

平均採卵数
採卵によってとれる個数平均は、つかう排卵誘発剤によって異なります。強いものであれば20個程度とれるものから、弱い排卵誘発剤で必要数だけ取り出す場合があります。

もちろん外部からの強い刺激は体にとっても負担になりますので、注意が必要です。弱い刺激方法で取れない場合に強い刺激方法に移っていきます。

ロング法

平均採卵数 1~20個
一番強い刺激方法です。また注射を打つ量が多いため、痛みを伴います。
卵胞が複数個発育するため、採卵後、卵巣が腫れる痛みも伴う場合があります。

・ショート法

平均採卵数 1~10個
ロング法に対して、排卵を抑制する期間が短いのがショート法です。
卵巣に強い刺激を与えるため、採卵後、卵巣が腫れる痛みも伴う場合があります。

・アンタゴニスト法

平均採卵数 1~10個
病院の検査で未熟な卵胞を排卵してしまうような体質の人に向いている方法です。

・クロミフェン法+hMG/rFSH注射

平均採卵数 1~10個
子宮内膜が薄くなる可能性があるので、受精卵は凍結する

・hMG/rFSH注射

平均採卵数 1~10個
注射の量をコントロールできるため、多くの卵子を採取したい人に向いている

・クロミフェン法

平均採卵数 1~5個
体への負担が少ないが、新鮮杯を移植することはできず凍結する

・完全自然排卵

平均採卵数 1個
1個しか採卵できないため、受精の確率が減ります。

体外受精の年齢別の平均採卵数

卵

使用する排卵誘発剤によって、採卵出来る数は変わってくることは、記述しましたが、年齢によっても変わってきます。しかしながら採卵において重要なのは卵子の質です。

41歳以上 3~5個
36歳~40歳 9~11個
31歳~35歳 5~15個
26歳~30歳 7~17個
25歳以下 9~20個
というデータがあります。
年齢が上がるほど、採卵できる数は少なくなってくるのです。

体外受精の採卵で数が少ない時は?

少ない

体外受精の治療の中で採卵をすすめても、採卵数が少ない場合は、卵子に問題がなければ4~5つ程度とれればOKとする病院が一般的です。

採卵できない場合は、より協力な排卵誘発剤を使用します。ロング法とショート法がより刺激がつよく採卵数が多くなる方法です。

エストロゲン、LH、AMH、FSHの値で、排卵誘発剤をきめると先述しましたが、要するにこの値を改善していく必要があります。そうしなければどんな排卵誘発剤を活用しても効果は見込みにくいのです。

ホルモンバランスを整えて質のいい卵子を

質のいい卵子を排卵させるために、採卵前にピルやカウフマン療法でホルモンバランスを整えます。そうすることで質のいい卵子を排卵するための環境を作ることができるのです。日々の生活習慣の改善や、

まとめ

様々な採卵方法をご紹介しましたが、どの方法が一番効果があるのかということは、言い難いです。もちろん効果というのは、たくさんの卵子が取れるということではなく、妊娠そして無事の出産のことだと思いますが。

採卵で長時間を要するのは採卵日になります。採卵したあとは安静する必要がありますので、仕事場に事前に伝える必要があります。

不妊治療している患者の、体質や不妊原因によって、その効果は変わってくるのです。めでたく妊娠に至った場合、一番心配なのは、無事に出産できるかということでしょう。

しかし、自然妊娠であっても、不妊治療の末の妊娠であっても、妊娠には変わりありません。とても喜ばしいことです。

体外受精での妊娠だからと言って、無事に健康な赤ちゃんを出産をすることが出来ないことはありません。安心して自身をもって出産に臨んでください。

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。