医療法人イワサクリニックで体外受精治療中!体験談

今回は医療法人イワサクリニックで体外受精を経験され現在も不妊治療中の伊澤さんにインタビューしました。イワサクリニックは、大阪のひらパーでおなじみ枚方市にあるクリニックになります。岩佐院長に見ていただいていたということですので、先生の評判や治療の内容についてもお伺いしました。

実際に不妊治療を初めて5年目、治療のために転職をし現在体外受精をされている伊澤さんの苦労や希望をシェア下いただきました。

今回は医療法人イワサクリニックとは

中にセントマリー不妊センターを備えており、オンライン診療も可能となっております。遠隔の診療希望者にも対応できるようにしている点では遠隔でも通いやすいかもしれません。(※メドレーのCLINICS導入)高度医療技術を提供するだけでなく、基礎となる体づくりのためのヨガやアロマトリートメントを提供している点も特徴的です。

先生は日本大学ではなく、海外の大学をでたあとに、鳥取大学の教授に着任しておりアカデミックにも医療に精通した先生になります。

岩佐院長の経歴
1.アメリカ・セントルイス大学病院
2.カナダ・サスカチワン大学病院
3.鳥取大学教授

イワサクリニックの口コミや評判は?

ままる運営事務局 みどり
では岩佐クリニックの不妊治療の体験や、これまでの妊活の経験についてインタビューさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
伊澤さん
はい、お願いします!
ままる運営事務局 みどり
まずは担当されていた先生について教えてください。どんな先生でしたか?
伊澤さん
院長先生にみていただいていたのですが、とても安心してお任せできる先生でした。小さな悩みや、大きな不安も親身に耳を傾けて下さいます。どれだけの種類の治療や薬があり、今はどの段階にいて今後どうしていくかの案内やスケジュールを、スケジュール帳のような用紙を用いて説明して下さり、また気になる金額の差などでも提案をして下さいます。
ままる運営事務局 みどり
難しい用語がいっぱいでて初めてのことが多い中でそう言わせる院長先生はすごいですね。
伊澤さん
はい、細かい質問にも嫌な顔ひとつせず丁寧に対応してくださいました。そのおかげで不安もなく安心して妊活に臨ことができました。

不妊治療をはじめるにいたったきっかけ

ままる運営事務局 みどり
不妊治療をはじめるに至ったきっかけを教えてください。
伊澤さん
社会人になった頃から生理不順がひどく婦人科に通っておりましたが、不妊の危険性を告げられたのみできっちりした治療は既婚者のみと言われて過ごして来ました。結婚を機にすぐに通い始めたのが始まりです。
ままる運営事務局 みどり
たしかに結婚まえに不妊治療はできませんからね。
伊澤さん
はい、始めるまに皆さまのブログや口コミや相談サイトを拝見させて頂き、始めた頃は頭の中が不妊治療でいっぱいでした。本当に子供ができるのだろうか。お金が先につきてしまうのではないかという不安に追われていました。
ままる運営事務局 みどり
治療を開始してから心境の変化はありましたか?
伊澤さん
治療を始めたことで希望を持てる性格でした。もともと子供が大好きで、友人の出産にもかけつけたり、子供さんと遊ばせていただくこともしばしばありました。しかし最近はポジティブが取り柄な私でさえ子供たちを見るのが辛くなり、またそう思ってしまう自分に罪悪感さえ覚え葛藤していました。
ままる運営事務局 みどり
治療面ではいかがですか?
伊澤さん
治療が進むにつれ予想しない出費がかさみ、それに対応すべく働きますと病院でストレスを溜めないようにと告げられました。治療費だけでも大変な最中、体づくりが必要だとサプリメントやドリンク、いろいろと現実がのしかかります。お金が続くならいつまでも頑張りたいのが本音で諦めたくはありません。
ままる運営事務局 みどり
不妊治療は通院日だけでなく、その他の費用や交通費もばかにならないですからね。人工授精をしていたとのことですが、その時のことを詳しく教えていただけますでしょうか。
伊澤さん
人工授精の注射は筋肉注射です。これも痛さは我慢できますが、本数が増えると腕は注射の痕だらけになりました。また、人工授精であまりにも結果がでないと体外受精を勧められます。迷わず進みました。毎日病院に通いたくさんの種類の薬と注射が必要です。これは移植が後も続き、私にとってはそれが一番辛く思いました。 

イワサクリニックで体外受精へステップアップ

ままる運営事務局 みどり
人工授精から体外受精に移って変わったことは何かありましたか
伊澤さん
体外受精のためには遠距離の病院に通う必要があり、仕事終わりに2週間毎日など通い、帰宅は24時などになります。それを回避するために講習を受け自分で注射をスタートし、毎日打ちましたがそちらも楽なものではありませんでした。正直なところかなり疲弊しました。
ままる運営事務局 みどり
体外受精では採卵の出てくると思いますが、いかがでしたか?
伊澤さん
確率は上がると聞いていましたが毎度とれる卵は少なく、移植が毎回1回しかできませんでした。ようやくうまくいった4回目は繋留流産という結果となりました。苦労してできた赤ちゃんを手術で出すという行為は治療室で涙が止まらず、先にも申しましたがポジティブな私でさえ前を向けなくなりました。
ままる運営事務局 みどり
流産はかなり辛く重いできことだと思います。
伊澤さん
今は今後のために再度貯金を始める段階です。もちろん次もうまくいくとは限らずいくら貯めるのが。貯めている間にも年齢は進みますので休んでいられない時間との戦いに今苦しんでおります。
ままる運営事務局 みどり
不妊治療は資金との戦いでもありますから。ここまでには実際のどくらい費用がかかりましたか?
伊澤さん
遠方の病院に通っておりますので交通費は一月に数万は出て行きます。現在で治療を始めて4年ですが、250万円程かかっております。治療のために仕事も増やしておりましたので助成金は利用できません。体外受精は採卵、凍結、1回の移植まで30万程度でした。また、うまく凍結卵が数個とれ、2回目以降の移植が可能になった場合は追加で10万以上かかります。採卵までのお薬にも数万かかりますので、1回の体外受精に50万くらいを使っております。
不妊治療でかかった費用
1. 交通費数万/月
2. 総額250万円程
3. 体外受精は採卵、凍結、1回の移植まで30万程度。
4. 凍結卵移植10万以上
5. 採卵までのお薬にも数万
6. 体外受精に50万/1回

現在の不妊治療中について

ままる運営事務局 みどり
今不妊治療をしていての率直な気持ちを教えてください。
伊澤さん
なかなか結果がでず、気づけば5年目です。先の見えない治療と苦しい金銭面がまず第一に辛いと感じます。高額な治療費と治療時間に挟まれ、2年ほどとても悩み、休みが取れる職種に転職も致しました。
ままる運営事務局 みどり
他にも不安はありますか?
伊澤さん
また、治療が進むにつれ痛い治療も増え、イメージが湧かずにインターネットで皆様の体験談を参考にさせていただく毎日に不安が増えました。体外受精のためには遠距離の病院に通う必要があり、仕事終わりに2週間毎日など通い、帰宅は24時などになります。それを回避するために講習を受け自分で注射をスタートし、毎日打ちましたがそちらも楽なものではありませんでした。
ままる運営事務局 みどり
そうですよね。今、体外受精を継続する中で、思うことはありますか?
伊澤さん
体外受精に進むと少しは期待が増えます。しかし実際は卵があまり取れなかったりグレードが低かったりと難関が待ち受けておりました。4回目でようやく妊娠致しましたが流産し、手術。また振り出しに戻りました。今でも前をむけなくなりそうになることが多々あります。
ままる運営事務局 みどり
なにか気持ちを維持するためにされてることはありますか?
伊澤さん
自然には絶対に妊娠できない夫婦のため、体外受精しか方法がなく日々考えないように過ごしています。しかしテレビなどで出産のニュースなどを見ると辛い気持ちが沸き起こります。
ままる運営事務局 みどり
なかなか大変ですね。今回はインタビューに答えていただきありがとうございました。
伊澤さん
ありがとうございました。

 

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。