体外受精のスケジュールは?流れとは?

カレンダー

体外受精のスケジュールについて大きく7つのステップでお伝えします。合わせて仕事を続けながらうけることは可能なのか、についても紹介します・

  1. 排卵誘発剤の注射をする
  2. 採卵・採精する
  3. 受精させる
  4. 培養する
  5. 胚移植
  6. 黄体補充
  7. 着床
  8. 妊娠判定

体外受精のスケジュールは仕事と両立可能?

体外受精は全体で1ヶ月程度の期間を要します。検査の日は数時間で帰れますが、採卵や移植の日は1日つかってしまうことも多いでしょう。

立ち仕事やシフト仕事の場合はなかなか両立することが難しいと思います。高額な費用がかかるだけに、稼げるだけ稼いでおきたいところですが、難しいのが現実でしょう。

実際の経験者の声

仕事によってとかいうけど、絶対無理。という声が多数でした。検査だけなら数時間ですが、胚移植する日は1日かかってしまうので、1ヶ月前から休みます。遅れますというのはなかなか厳しいようです。

体外受精の通院スケジュール

体外受精を通院しながら仕事のタイミングをはかるために冷凍保存もつかわれることが多いです。

一度採卵をしてそれを冷凍保存して、分割して好きなタイミングで複数周期に分けて体外受精を行うことができます。

体外受精の妊娠周期

体外受精は1周期を約30日程度で進めていきます。この期間における通院目安はだいたい6回前後です。

これは体外受精が無事に最後まで進んだケースで、うまくいかなければまた状況は変わってきます。具体的な体外受精のスケジュールを見ていきましょう。

体外受精のスケジュール1:排卵誘発剤の注射

1つでも多くの卵子を採卵するために、排卵誘発剤を使います。なぜなら全ての卵子が受精するわけでありませんし、受精しても子宮に戻せる状態までに受精卵が分割するかわからないからです。

そのため、1つでもいい受精卵を移植できるようにいくつかの受精卵を作ります。排卵誘発剤の注射にはGnRHアゴニストを利用するロング法と、ショート法等様々あります。

今回は一番一般的なロング法を例に説明を進めていきます。

前周期21日目:排卵抑制剤の使用

排卵をコントロールするために、鼻から薬剤を注入します。この薬には排卵を促すLHと言われる黄体ホルモンを抑える働きがあります。採卵の直前まで服用を続けます。これにより採卵前に排卵することを防ぎます。

月経3日目:排卵誘発剤を注射

たくさんの卵子をつくるために直接卵巣を刺激する卵胞刺激ホルモン(FSH)の注射をします。通常は通院して上腕や臀部に注射します。毎日病院に行くことができない場合は、あなたが自分自身で腹部に注射することもできます。

月経8日目:卵胞の数と大きさをチェック

超音波で卵胞の大きさをtyックします。そのあとも超音波で細かく卵胞の大きさをチェックします。血中ホルモンを調べることもあります。

周期12日目:排卵を起こす薬を注射

卵胞が18~20mmになったらHCG注射を打ちます。この注射によって卵子の最終成熟を促します。

体外受精のスケジュール2: 採卵・採精

排卵する直前の成熟した卵子を採卵します。卵子がとれたら、旦那さんは精子を採取します。精子は洗浄、濃縮を行い、運動性のよいものだけを採性します。

採卵日:採卵する

HCG注射をして34-36時間後、成熟した卵胞が破裂する前に採卵します。

卵子の採取

採卵針を膣から挿入し、卵巣に刺し、ひとつひとつの卵胞を卵胞液ごとに吸引します。卵胞液を採取したら、シャーレの上に広げて顕微鏡で観察します。卵子をみつけたら卵丘細胞と一緒にていねいに培養液野中に写します。10分程度で卵子の採卵は種るようします。採卵する間は麻酔をかけているので、強い痛みは感じずにすみます。

精子の採取

旦那さんが容器内に射精します。採取された精液にパーコール液などの処理液を加えて遠心分離機にかけます。それにより、いきている精子と死んでいる精子をわけ元気な精子だけを選別します。体外受精当日来院できない場合は、事前に採取して冷凍保存しておくことも可能です。

体外受精のスケジュール3:受精

採取した卵子の入っているシャーレの中に、運動率の高い元気のいい精子を入れて受精を待ちます。シャーレのなかの培養液の中に入った精子は卵子の周りに集まります。そのうちの中の1匹が卵子の中に入ると受精します。

体外受精のスケジュール4:培養

受精の翌日、受精卵を顕微鏡でみると卵子と精子、すなわち女性と男性由来の二つの核が顕微鏡で確認することができます。受精が確認された卵は新しい培養液に移してさらに培養します。その翌日には受精卵は4個の細胞に分裂をし、その翌日には8個の細胞に分裂をし、さらには5-6日で着床直前の胚盤胞に成長します。

受精卵のグレード

受精して分割を始めた受精卵は、受精後2~3日目で「初期分割胚」と呼ばれる状態となり、分割の状態でグレード1(最もよい状態)からグレード5(最も悪い状態)に分類されますが、分割のスピードも妊娠成功率を左右させるようです。

フラグメンテーションの多いか少ないか、割球の均一具合、外細胞の形や数、
胞胚腔の広がり、中心細胞の形や細胞数によって決まります

体外受精のスケジュール5:胚移植

受精から2,3日後のに、受精卵が分割卵になったら、受精卵を子宮にもどします。受精卵を少量の培養液とともに細いカテーテルの中に挿入して、受精卵を子宮の中に注入します。これを胚移植といいます。

通常は多胎妊娠をさけるために1個の受精卵を戻します。残った受精卵は冷凍保存します。処置の痛みはなく、受精卵を戻したあとは数時間ベットで安静にしてから帰ります。

胚盤胞移植

受精5日後の胚盤胞になった状態で写します。妊娠確率が高まります。しかし、胚盤胞になる確率は低く、3割~5割程度といわれているため、胚移植自体がキャンセルになってしまうこともあります。

受精卵の冷凍保存

複数の受精卵がうまく分割できた場合、使用しなかった受精卵は凍結保存しておくことができます。受精卵を特殊な溶液に浸し、ストローにいれた受精卵を-196度の液体窒素に浸して凍結することで何十年も状態を変化させずに保存できるため、次の不妊治療で使用することも可能です。

体外受精は卵子と精子が自然に受精するのを待ちますが、精子の数が少ない場合や運動率が低い場合などは「顕微授精」という方法がとられることもあります。

顕微授精は顕微鏡で見ながら精子を一つだけ卵子に直接注入する方法で、治療の流れは受精方法以外は体外受精と同じです。

体外受精のスケジュール6:黄体補充療法

胚移植が無事に終了したあと妊娠判定までの期間に行います。子宮内膜の状態を整え、着床しやすいように黄体ホルモンや、HCGの投与を受けます。薬や注射の種類の頻度は卵巣の状態に合わせて選択します。

このようなスケジュールで体外受精は進みます。約2週間の期間がかかり、月経開始前からホルモン剤を使用する場合はさらに期間が長くなりますので、医師としっかり相談しながら治療を進めていきましょう。

体外受精のスケジュール7.着床

子宮の中に入った受精卵は数日農地に子宮内膜に潜り混みます。これが着床です。

子宮内膜が傷がついていると

子宮内膜がきずついてると着床ができない可能性が高くなります。中絶などを行うと妊娠しづらくなるというのは、この子宮内膜が傷つきやすいからです。

体外受精のスケジュール8.妊娠判定

胚移植から2週間後に尿またあは血液で妊娠判定を行います。その1週間後に超音波で胎嚢を確認します。

体外受精にかかる費用

費用

使用する薬剤や受精方法、胚の移植方法、培養の有無などによって費用は異なりますが、どのような方法であったとしても高額な費用が必要です。
30万円~50万程度で済む場合もありますが、中には1回の体外受精で100万円を超すこともあります。

クリニックにより、費用が異なる

クリニックによって大きく費用が異なる理由は、体外受精が「自由診療」であるためです。自由診療は保険診療と異なり、多くの費用が「全額自己負担」となります。

健康保険が使用できないため、思っていた以上に高額な費用となってしまうのです。

不妊治療を行っているカップルを対象に、不妊治療費の助成制度が設けられています。厚生労働省が取り組んでいる助成制度がベースとなりますが、自治体によってはこの助成制度にプラスして補助を受けることが可能です。

しかし、不妊症のカップルの年齢や世帯年収、治療法などによって支給対象とならない場合がありますので、自治体のホームページを確認しましょう。

体外受精後の注意点

danger

無事に体が受精のスケジュールが終了した後も、いくつか注意点があります。無事に妊娠が継続しやすくするために、以下のことに注意しましょう。

  1. 胚移植後は、受精卵が子宮内に絨毛をはるために必要な15分~30分は病院内で安静にしておく。
  2. 胚移植当日は感染症に罹患するリスクが考えられるため、入浴は避けてシャワー浴にする
  3. 体外受精終了後はストレスを減らし、リラックスして過ごす
  4. 精液には子宮を収縮させる作用があるため、胚移植後1週間は性行為を控える
  5. 胎児の成長を妨げないために、禁煙・禁酒を行うようにする。パートナーが喫煙をしている場合、一緒に禁煙するように依頼する
  6. 冷えは不妊を悪化させる原因となるため、夏でも体を冷やさないように靴下や腹巻を使用する。冷たい食べ物も取りすぎに注意をする
  7. クリニックから指定された日に妊娠判定を行う

体外受精のスケジュールの最後に

体調や卵子の成長速度、クリニックの方針により流れが若干変わることもありますが、基本的な体外受精の流れをまとめました。体外受精を開始する前に、医師や看護師からしっかりと説明を受け、疑問があれば確認するようにしてください。安心して体外受精に取り組むことができるようにしましょう。

卵子提供丸わかりガイドプレゼント!

アドバイザーみどり
こちらから私がまとめた卵子提供丸わかりガイドを無料で提供しております! 卵子提供は正しい情報が伝わりにくいので、親身な企業もあれば不誠実な企業も残念ながら存在します。後悔しないために、ぜひ参考にしてください。