体外受精の膣座薬の役割とは?

体外受精の膣座薬は何の目的のために使うのか。妊娠判定までにどれくらい費用がかかるのか。いつまで必要なのか?そもそも膣座薬の役割とは何か、膣座薬にかかる費用や、副作用にはどのようなものがあるのかについて紹介させていただきます。

受精卵が着床し、あなたの妊活をサポートしてくれる膣座薬についてみてきましょう!

体外受精の膣座薬の役割とは?

体外受精で膣座薬をしようするのは、子宮内膜を着床しやすい状態にすることです。子宮内膜を着床しやすい状態に関わっているのが、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

プロゲステロンは、排卵後、卵胞から変化した黄体から分泌されますが、このホルモンが十分に産生されていないと子宮内膜が厚く保たれず、受精卵が着床しにくくなります。

体外受精における重要ホルモン

これらは、体外受精や顕微授精においても大事なホルモンです。体外受精や顕微授精の過程で、卵巣刺激で大きくなった卵胞が、自然排卵しないように薬を使って黄体ホルモンの急上昇を押さえます。

そうすると、薬でむりやり排卵を抑えているため、本来のプロゲステロンの分泌が低下してしまい、検査結果で問題がなかった人も、黄体機能不全に陥りやすくなっています。

プロゲステンの補充

そのため、卵巣から卵子を採取し、受精卵を移植するの時にプロゲステロンを補充する目的で、黄体ホルモン剤が使用されます。

また、凍結胚を戻す場合も、同じ理由から黄体ホルモン剤で黄体ホルモンの補充を行います。

その黄体ホルモン剤には、ルトラールやデファストンなどの飲み薬やルテウムやプロゲステロンなどの注射、そして膣座薬などがあります。

体外受精の膣座薬で使われるボルタレンとは?

体外受精の排卵時に、ボルタレン膣座薬はよく使用されます。ある病院によっては、自然排卵の防止で使用するといわれていたり、看護師さんの意見では、採卵の際の痛みを緩和するものです。と言われていたりしています

体外受精の膣座薬とは?

黄体ホルモン剤のことを膣座薬といいます。膣に座薬を入れるため、膣座薬と呼ばれます。膣座薬のメリットは注射と違って、通院する手間が省ける、体への負担が少ない、吸収が早いなどがあります。

その一方で膣に座薬を入れることへの抵抗感や慣れるのに時間がかかるなどがあります。海外では比較的広く使われています。

ホルモンへの影響とは?

プロゲステロンをホルモン剤で補うことで着床率を上げますが、自然妊娠でも分泌されているホルモンです。そのため薬による適量の使用に関しては、心配ありません。

体温への影響とは?

体温が高くなりますが、普段と変わらないこともあります。こまめに体温を計測して、体に異変がないかはチェックをしておきましょう。

体外受精の膣座薬は、いつまで使えばいいの?

1日1~2回、約2週間使います。妊娠してからも継続して使うこともあり、妊娠7~12週まで継続する場合もあります。自己判断で止めると妊娠の継続が難しくなり、流産してしまうこともあります。

膣座薬2週間は継続利用

状況によって利用する期間は異なります。一般的な平均が2週間です。実際に私の周り体外受精経験者も2週間前後の活用されるかたが多かったです。

体外受精の膣座薬にかかる費用は?

服用薬の場合は1個の費用は、約50円前後、注射の費用は1回約300~400円、膣座薬の費用は1個約250~350円の自己負担が相場です。

1週間分で病院でいただきましたが、1万円の費用がかかります。注射もふくめると

体外受精の膣座薬の種類とは?

座薬として一般的に広く用いられているのは、ルテウム、ウトロゲスタン、ルナティスです。球形または卵型などの形があります。以下、主な膣座薬の紹介をします。

ルテウム膣用坐剤400㎎

ルテウム膣座薬は、先が尖ったいかにも座薬という形をしています。1日400㎎を2回膣内に投与します。採卵日(またはホルモン補充周期下での凍結胚移植では、エストロゲン投与により子宮内膜が十分な厚さになった時点)から最長10週間(または妊娠12週まで)使用を継続します。

ウトロゲスタン膣用カプセル200㎎

卵型をしています。1回200mgを3回膣内に投与します。胚移植2~7日前から使用し、妊娠が確認できた場合は、胚移植後9週(妊娠11週)まで使用を継続します。

ルナティス膣錠100㎎

1回100mgを1日2回または3回、採卵日(またはホルモン補充周期下での凍結胚移植では、エストロゲン投与により子宮内膜が十分な厚さになった時点)から最長10週間(または妊娠12週まで)腟内に投与します。専用のアプリケーターという棒のような物を使って挿入するので手が汚れません。

体外受精の座薬の使い方とは?

座薬を膣に手の指やアプリケーターを使って挿入します。初めての場合、不慣れや緊張感から、せっかく入れた座薬を出してしまうことがあります。ゆっくり落ち着いて、行いましょう。

また、膣座薬は温かい所だと溶け出しますので、冷蔵庫で保管するようにしましょう。

膣座薬の入れ方は?

清潔な乾いた手で座薬を取り出します。座薬の先は水などで少し湿らせた方が挿入時に痛くありません。入れ方のコツは真っ直ぐ上に入れるのではなく、やや斜め前にします。タンポンを入れる感覚と同じです。

力を抜いて、人差し指や中指の第二関節あたりまでゆっくり押し込みます。座薬を入れた後、すぐ出てきそうな場合は、もう一度押しこみます。何度も入れていると膣が傷つく場合があります。座薬の先をあらかじめ人肌にして丸めておくと、入れる際の痛みが和らぎます。

座薬を忘れずにいれて安静に

膣には括約筋がないため、挿入してから動くと薬が流れ出てしまいます。座薬を入れから、30分くらいは安静にしましょう。

また、5~10分くらいたって、座薬が溶けて半分くらい液状になって出てきた場合は、新しくもう一剤を入れてはいけません。ただし、同じ物の場合は再挿入は可能です。

陰部を清潔に

膣座薬を入れてしばらくして、トイレに行った時に白くねっとりした物が出てくる場合がありますが、そちらは膣で吸収されなかった薬が流れ降りてきているのです。

膣座薬を使うと時は1日1~2回の使用になりますから、出てくる量や回数も増えます。陰部はおりものシートなどを何度も使い、清潔にしておきましょう。また、ウォシュレットなどを使うのもいいでしょう。

体外受精の膣座薬の副作用とは?

膣座薬のメリットは、効き目が早く、安定した血中濃度を得られるということがあります。また、肝臓での代謝を受けにくく、負担がかかりにくいことがあります。

副作用として、頭痛、腹痛、眠気、乳房の張りや吐き気など、黄体期特有の症状が出ることがあります。妊娠時の症状に似ているので、期待してしまう場合があります。

体外受精の膣座薬は出血する?

使い始めに出血する人が多いようですが、大抵の場合は子宮の入口の粘膜がホルモンの影響で充血して出てくることが考えられます。

出血したからといって、とりわけ問題はないので、気になさらず通院しているクリニックの先生に相談しましょう。

出血はよくあること

膣座薬をつかっていると出血はようあるようです。出血して心配されている方の体験談もよく伺います

体外受精の膣座薬を利用する上で

妊活や不妊治療は、基本的に時間や費用がかかるため、ストレスを溜めてしまう人が少なくはありません。妊活や不妊治療にとりかかる年齢が高齢であればあるほど、負担が増すのが現実です。

検査結果や月経開始に一喜一憂する気持ちはジェットコースターのように揺れます。そのような繰り返しに、妊活や不妊治療を止めてしまいたい時もあるでしょう。

そんな時はパートナーや医師に相談してみましましょう。選択肢として、治療を中断することや転院することも考えられます。転院の際には、通っている病院のデータなどが参考になる場合があるので、持って行けるよう準備をしましょう。

卵子提供丸わかりガイドプレゼント!

アドバイザーみどり
こちらから私がまとめた卵子提供丸わかりガイドを無料で提供しております! 卵子提供は正しい情報が伝わりにくいので、親身な企業もあれば不誠実な企業も残念ながら存在します。後悔しないために、ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。