卵子凍結保存のリスクやデメリットは?

卵子凍結は不妊治療で体外受精を行うために卵子を採卵したものの、夫の精子が採取できなかったため卵子を無駄にしないように凍結保存することが目的でした。現在では将来の妊娠に備えることを目的とした技術としても注目されています。

卵子凍結を行う女性には大きく2つの理由があります。一つ目はがんや病気による患者さんのための医学的な理由です。がん治療で使用する抗がん剤は、卵巣機能に影響を与えるされています。将来子供を望む患者さんが卵巣機能に影響を与える前に卵子凍結を行い出産の可能性を残すためのものです。

もうひとつは仕事やパートナー不在などによる社会的な理由です。最近では結婚適齢期も高くなり高齢出産が珍しくない時代になっています。ある程度キャリアを構築してからの妊娠・出産を望み家族計画が後回しになっている女性も多いです。

将来パートナーに巡り合い自然妊娠すれば問題ありませんが、卵子は30代半ばから老化します。老化すると自然妊娠の確率が下がり、染色体異常が起こる確率は高くなります。

近年ではこの卵子の老化について注目されるようになり、現在パートナーはいないが将来的には子供を希望しているため出来るだけ若い年齢のうちに卵子を凍結しておくという女性が増えてきました。卵子凍結は将来子供を望む女性の希望でもあります。

しかし、卵子凍結はメリットばかりではありません。不妊治療クリニックでは精子と卵子を受精させた受精卵の凍結は行っていますが、技術は持っていても卵子凍結を行っているクリニックは意外と少ないです。

それは卵子凍結に多くのリスクとデメリットがあるからです。これから卵子凍結のリスクとデメリットを紹介していきます。

卵子凍結のリスクは?どんな影響がある?

卵子凍結保存のリスクとは

がんなどの病気の医学的な理由がある患者さんだけを対象にしていた卵子凍結も、2013年に日本生殖医学会によって社会的な理由でも実施を認めるガイドラインを発表しました。内容は結婚の有無に関わらず卵子の採取は40歳未満まで、凍結した卵子の使用は45歳未満までと策定しました。

しかしこれは卵子凍結・保存を「推奨」しているわけではありません。健康な女性の卵子凍結に関しては有効性が低いうえにリスクは高く専門家も懸念を示しています。では具体的にリスクやデメリットはどんなものなのでしょうか。

身体的リスクはどんなもの?

卵子凍結保存のリスク身体

まず一つ目は身体的なリスクです。卵子凍結をするためには排卵誘発剤を使用して卵子の採卵という手術をします。採卵された卵子は液体窒素で瞬間凍結されます。凍結することによる卵子への影響は無いと考えられ、若いうちに行うことによって「卵子の老化」を防止することができます。

凍結した卵子は妊娠を望むときに融解し、パートナーの精子を用いて体外受精や顕微授精で受精卵となり子宮に移植して妊娠を目指します。

【排卵誘発剤の副作用】
通常は月経周期毎に排卵する卵子は一個ですが、注射や飲み薬などの方法を使って卵巣を刺激し複数個の成熟した卵子を育てます。多くの卵胞を育てることにより質の良い卵子ができ、妊娠率もアップしますので排卵誘発剤は不妊治療の患者さんにとっても必要不可欠なものとなっています。

しかし、排卵誘発剤には副作用があります。代表的な副作用は卵巣過剰刺激症候群(OHSS)です。過剰な刺激により卵巣が膨れ上がりお腹や胸に水が溜まります。重症化すると、腎不全や血栓症などの合併症を引き起こす恐れもあります。

【採卵のリスク】

採卵にもリスクがあります。手術を行う医師の技術や麻酔の方法などで感じ方は個々に違いますが、強い痛みを感じるリスクがあります。また採卵時に使用する麻酔にも麻酔ショックなどの副作用がでることもあります。

そして手術は子宮内に針を刺して卵子を採る方法で行うため卵巣から出血をすることがあります。出血がひどい場合は、入院や輸血が必要になる場合もあります。

排卵誘発剤を使用して採卵を行っても、卵胞の中に卵子が無かったり(空砲)、採卵針で取れる位置に無かったりなどで必ずしも卵子を採取できるとも限りません。そのため何度も採卵を行う可能性もあります。普段の仕事をしながら採卵の準備を行う女性が多いですので、事前にこういった副作用やリスクが身体にあることを理解しておく必要があります。

卵子凍結保存のリスクの金銭的なリスクとは?

金銭卵子凍結保存のリスク二つ目は金銭的リスクです。体外受精などの不妊治療は高額な費用がかかることは多くの人が知っていると思います。卵子凍結の費用も保険手適用外となり不妊治療と同じように高額な費用がかかります。

少子化が進む現代では、不妊治療を行う患者さんに対して所得や年齢など制限はありますがほとんどの自治体が助成金の制度を設けています。しかし社会的な理由での卵子凍結には助成金が出ませんので全額自己負担です。(浦安市が以前、卵子凍結のための助成金の実施をしていましたが現在は終了しています)

クリニックや個数によって違いますが、初診~凍結までの費用が50万~80万ほど、さらに保管費は年間1~2万円/個かかります。また、身体的リスクでも述べたように卵子が全く取れない、個数が少ないなどで採卵を複数回行えば費用は重なります。

将来子供を望んだ時に、若い時の良質な卵子がたくさんあればあるほど出産率は高くなるため安心ですよね。

しかし、凍結保存する卵子が多いほど、保管する年数が長いほどさらに金額は跳ね上がり高額になります。一度卵子を凍結保存すれば終わりではなく、長期にわたって経済的な負担がかかります。

卵子凍結保存のリスクの社会的・心理的リスク

卵子凍結保存のリスク社会的

社会的なリスクは高齢出産です。仕事がひと段落したから、良いパートナーに巡り合えたからと子供を望んだ時ほとんどの人が年齢を重ねてしまっているのではないでしょうか。卵子の老化を止めることができても、身体の老化は止めることはできません。

高齢出産は合併症などのさまざまなリスクがあります。そして出産はゴールではなく、その後の育児にも体力が必要となります。そういったリスクを考慮すれば妊娠・出産の適した年齢があり先送りにすることは良いとは言えません。

そして、卵子凍結をしたから「大丈夫」、将来の妊娠・出産に「保険」をかけたなどの思い込みをしてしまうのではないかという心理的リスクです。凍結した卵子を使用すれば必ず妊娠できる保証などありません。

しかし、「これでいつでも妊娠したいときに妊娠できる」といった誤った考えを持ってしまう人もいることも事実です。妊娠はひとりではできません。必ずパートナーが必要です。卵子凍結をしていることを心のどこかで「安心」してしまい肝心な結婚が後回しにしがちになり、婚期を逃すこともあります。

もちろんキャリアを構築することは大切ですし、良いパートナーに巡り合えないなど様々な理由はあるでしょう。ただ仕事がひと段落して子供が欲しいと思った時には既に手遅れなんてこともあります。

そのため医学的な理由ではない女性が将来の不安を消すためだけのものになってしまわないかとも懸念されています。実際のところは凍結した卵子を使用した患者さんは少なく、大半は保管したまま結局は破棄してしまうため統計的に出産率は極めて低くなっています

身体的・金銭的にリスクを抱えてまで保管してきた卵子を結局使わなかったときの自分を受け止められるか、ここでも心理的リスクの心配もでてきます。卵子凍結を行う女性は独身の女性が多いですが、後悔しないために家族を築くということを考えたうえで、妊娠・出産に適した期間にパートナーに巡り合うことが重要ではないでしょうか。

卵子凍結の妊娠率は?胎児への影響は?

不妊治療の技術は日々進歩していますが、それでも出産に至らないカップルもいます。卵子凍結の技術はまだ確立しておらず、妊娠率は極めて低いです。クリニックによりけりですが妊娠して出産まで至る成功率は1割程度といわれています。

凍結卵子を使用するということは自然妊娠ではできないので、体外受精・顕微授精を行います。受精卵よりも卵子の方が融解するときにダメージを受けやすいため、体外受精・顕微授精で出ている妊娠率よりもさらに低くなります。また凍結卵子を使用したことによって、子供に何かしらの障害を持つ可能性が高いといった事実や関係性は無いとされていますが実際のところは不明です。

ただ凍結卵子を使用した受精卵を移植する年齢が高ければ高いほど高齢出産になるので出産率は低下し、リスクは高くなります。

東京で卵子凍結保存をしている病院は?

2018.05.30

まとめ

これまで卵子凍結のリスクやデメリットを紹介してきましたが、卵子凍結はあくまでも将来の妊娠の可能性を残すための選択肢のひとつと考えて頂きたいです。こういったリスクがあることを総合的に踏まえて推奨しない専門家もいるのでしょう。

子供は欲しい、でも現実的でない。後悔しないために今の自分に何ができるか。卵子凍結は将来妊娠への不安がある女性の強い味方ですが、過去の卵子の存在が現在を生きる妨げになる場合もあります。妊娠・出産について真剣に向き合って自身の家族プラン・ライフプランを立ててみてください。

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。

【毎月5名限定】卵子提供の無料相談!

無事に赤ちゃんを出産するために!

妊娠に成功する!体外受精/卵子提供の無料相談!

「子供がほしい!」
「不妊治療を続けているけど成果がでない。」
「体外受精をしたけれど子供ができない。」
などを感じている方は、卵子提供を考えるタイミングです!

なぜなら、現在、日本で提供できる技術には限りがあり、海外の医療技術を駆使すれば妊娠できる確率は40%-50%と高いからです

しかし中には間違って、妊娠成功率やドナーの条件の悪いエージェントを活用して後悔している人もいます。

その理由は事前に情報収拾を行なっていないからです。もっとより卵子提供エージェントがあるにも関わらず、面倒くさいという理由だけで、調べずに決めてしまうのです。

そこで私は事前に全ての卵子提供エージェントの情報をまとめた無料相談や、卵子提供に関する正しい知識を手に入れることをお勧めさせていただいてます。

無料相談では、

①簡単3分程度から相談できる。
②今より妊娠成功率の高いエージェントを見つけれる
③今より安い費用帯でエージェントをみつけることができる。
④卵子提供のことがよくわかる
というメリッットがあります。

下記の無料相談窓口では全世界の卵子提供エージェントの情報を3分程度で相談可能です

・手軽に手間なく妊娠成功のための情報を見つけたい方!
・卵子提供実施後に後悔したくない方!
は、ぜひ一度相談をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。