特別養子縁組した時の子どもの戸籍はどうなる?

一般的に、親と子供の関係は戸籍で確認することができます。では、特別養子縁組をした時、養子になった子供は戸籍にどう表記されるのでしょうか。

そこで今回は、特別養子縁組をした場合の子供の戸籍について、ご説明しましょう。

養子縁組には2種類ある

養子縁組には、普通養子縁組と特別養子縁組の2種類あります。どちらも子供を養子するということには変わらないのですが、大きな違いがあります。

また戸籍の記載方法も異なります。まず、普通養子縁組と特別養子縁組についてみていきましょう。

普通養子縁組

普通養子縁組とは、一般的な養子縁組のことを言います。この制度は、実子でない子供を養子に迎えることで、法律的に、親子関係または親族関係を結ぶことができます。昔から、家業、財産、苗字、お墓などの先祖代々のモノを維持するために、子供がいない夫婦がどうしても跡継ぎが欲しいということから、昔から利用されていたのです。

しかし、この普通養子縁組という制度は、養子縁組を結ぶことにより、新しく親子関係ができますが、養子になったからといって、産みの親と法律的な親子関係がなくなることはありません。そのため、養子には養親と実親の2人の親がいることになり、当然、扶養義務や相続関係も2重になります。

特別養子縁組

特別養子縁組とは、産みの親と法律上の親子関係がなくなります。産みの親とは、血は繋がっていても、戸籍上は他人になってしまいます。そのため、養子への扶養や相続などは、産みの親からは一切発生しません。

また、特別養子縁組は、子供を実子として育てたい夫婦からの要望と子供の福祉という観点から作られた制度です。養親が、血縁関係が全くない、赤の他人に子供を育てるわけですから、当然、手続きするための条件はかなり厳しいものです。

特別養子縁組をすると戸籍表記はどのようになるのかを知りたい。特別養子縁組を受けるには、子供の年齢や実親の同意などの、一定の条件が必要になります。そして、その条件を満たして、始めて家庭裁判所の許可を経て養子縁組をします。

特別養子縁組は、子供の福祉のためにあるものです。「跡取りが欲しい」「五体満足の子供が欲しい」などという養親の希望によって、縁組できるものではありません。

特別養子縁組される子供のほとんどは、実の父母から虐待を受けていたり、生みの母が予期せぬ妊娠・出産であったため、育てることができず、施設に預けられていたりなど、平和で穏やかな家庭環境で育つことができない子供たちです。

そのため、この特別養子縁組は、児童相談所や民間団体を通して、縁組されることが多いです。

特別養子縁組をすると戸籍表記はどのようになるのかを知りたい

養子縁組戸籍

特別養子縁組は、養親と子供の血がつながっていなくても、法律では親子関係(親族関係)が成り立ちます。

そのため、実父母とは法律的には他人となり、親子関係は解消します。養親が「父母」と記載され、子供は「養子」ではなく、「長女」または「長男」という具合に、通常の親子関係と同様に記載されます。

つまり、戸籍には、実の親が記載されませんから、戸籍上では養子縁組の痕跡が残らないようになります。

戸籍をみて、特別養子縁組をしたことが分かってしまうのか

養子縁組戸籍1

特別養子縁組をしたことが絶対に分からないということはありません。戸籍に詳しい人が見れば、特別養子縁組をしたことがわかるでしょう。なぜなら、特別養子縁組をした日付に「民法817条の2による裁判確定」と記載されるためです。

特別養子縁組を行い、養子をとったという事実は、一切残っていませんが、法律に詳しい人であれば、この「民法817条の2による裁判確定」がどんな意味をするか、すぐに理解できるでしょう。

また、養子になった子供が大きくなって、戸籍謄本を取り寄せた場合はどうでしょう。生後間もない子供を、特別養子縁組をした場合は、ほとんど分からないかもしれません。

しかし、特別養子縁組をする年齢は、子供が6歳未満と決まっているため、子供が大きくなったとき、自分の出生届けと生年月日が合わないことに気が付き、特別養子縁組がされたことが、そこからわかることもあります。

子供が出生すると14日以内に出生届けを出さなければいけませんが。そのため、通常の実子であれば、出生年月日、届出人、届出月日が記載されますが、特別養子縁組の場合、民法812条の2により、養子縁組をされた日が記載されるからです。

実の親の戸籍表記はどうなるのかを知りたい。

では実の親の戸籍表記はどうなるのでしょうか。一般的には、出生した子供は、実父か実母の戸籍に記載されます。しかし、特別養子縁組をする場合は、まず子供単独の戸籍を作成して、実父母からの戸籍から除籍したことが記載されます。

つまり、養親が戸籍に養子の縁組の戸籍届けをしたためです。その経緯をはっきりと記載するために、実の親の戸籍には、いつだれが戸籍を編製したのか、分かるのです。

養子になった子供の戸籍はどのように編成されるのか

次に、養子となる子供の戸籍はどのようになるのか説明しましょう。実の父母からの戸籍から除籍された後、養親の戸籍に、養子となる子供が「子単独の戸籍」から異動してきたことが記載されます。

したがって、特別養子縁組を行った養親の戸籍から「子の欄」を見れば、「子単独の戸籍」がどこにあるのかわかるため、その戸籍取を取得すれば、実父母の存在を知ることができます。

ちなみに、特別養子縁組をした後は、生みの親とは法律的に親子関係はなくなり、他人となってしまうため、生みの親の戸籍を取り寄せることはほぼできません。

外国人でも特別養子縁組は認められるのか

現在の日本の法律では、外国人の養子をとることは可能なのでしょうか?日本の法律において、外国人の子供の里親になるというのは、簡単なことではありません。

普通養子縁組であろうと、特別養子縁組であろうと、養子縁組をしただけでは、外国人の子供が日本国籍を取得することはできません。なぜなら、現在の日本の法律においては、養子縁組のみでは、国籍取得原因とみなさないからです。そのため、特別養子縁組で実の父母と離縁しても、法律上で里親との父母親子関係が成立し、実子とみなされても、養子の子供は外国籍のままということになります。

もし養子に日本国籍を取得させたい場合は、法務局で手続きすることができます。

まとめ

いかがでしたか?特別養子縁組をした子供の戸籍は、「特別養子縁組」という言葉が記載されないため、一目見ただけでは、その事実を知ることはできません。しかし、専門家が見れば、すぐにわかるでしょう。

それは、戸籍をさかのぼることによって、子供の実の親が誰であったかを知ることができるようになっているからです。

つまり、家庭裁判所から実子と認められても、養子の出生を知る権利や親族関係との近親婚の防止を配慮しているからなのです。

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。