母体負担が小さい不妊治療とは?

できれば自然妊娠したい、でもなかなか上手くいかない….。排卵日に合わせて性行為をしているのに妊娠できず、不妊治療を検討している人も少なくないのでは?

「辛い」「苦しい」「大変」などと表現されることが多い不妊治療ですが、具体的に身体にどのような負担があるのか説明していきます。

不妊治療による母体負担とは?

不妊とは「妊娠を希望し、1年間性行為を行なっているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合」を言います。年齢を重ねるにつれて、妊娠確率は下がるため、30歳を越えて妊娠を望む場合は早めに不妊治療の開始を検討しても良いでしょう。

主流な不妊治療にはタイミング法、排卵誘発法、人工授精、があります。方法によって母体にかかる負担も異なるため、自分の体調にあった不妊治療を選択しましょう。

タイミング法

タイミング法とは、排卵日を調べ、性行為のタイミングを合わせることで妊娠を狙う方法です。すでに、排卵日に合わせてやっていると思われるかもしれませんが、診断して排卵日を把握するため、妊娠確率を高めることができます。

タイミング法では、排卵予定日ごろに、経膣超音波検査をし、卵巣内の卵胞という卵子が入っている袋の大きさを測ることで排卵日を把握します。また、尿中の排卵ホルモンを検査し、基礎体温と合わせて診断する方法もあります。

薬の投与や採取がないため、比較的身体に負担なくできる不妊治療です。

排卵誘発法

排卵誘発法とは、月経周期をコントロールするためや卵胞を育てるために、内服薬や注射を行い、排卵を起させる方法です。排卵のない人に排卵を起させるために用いられたり、人工授精の妊娠確率を高めるために用いられる方法です。

薬を用いるため、副作用として、卵巣や体調に影響がでる場合があります。腹部にハリを感じたり、下痢や嘔吐を起こしたい、重い症状としては呼吸困難や血栓症などを引き起こす可能性もあります。母体への負担も大きい不妊治療ですので、こまめに医師に相談し、薬を調整することで症状を軽くすることができます。

また、副作用やリスクは年齢によっても異なるので方法は慎重に選択しましょう。

人工授精

人工授精とは、採取した精液から活発に運動している成熟精子だけを洗浄、回収して、排卵日に細いチューブで子宮内に注入する方法です。妊娠が成立する場合はおよそ80%が7日以内、それまでの治療回数は平均4.6回といわれています。

回数を重ねることが多く、女性も男性も身体的、精神的な負荷がかかります。
薬の投与がないため、母体への薬の副作用はありませんが、男性への負担が大きい治療法です。

体外受精

経膣的に卵巣から卵子を取り出し、体外で受精させて、数日後に受精卵を子宮に戻す方法です。生殖補助医療とも呼ばれます。

タイミング法や排卵誘発法と合わせて行う場合が多く、注射の数や通院の回数が増えるため、負担の大きい方法です。

クリニックによっては、自然排卵がある方には自然周期または低刺激周期採卵を行っており、注射による過排卵刺激の苦痛や副作用を軽減可能な場合もあります。

今回は、不妊治療の身体的な負担を中心に説明してきましたが、不妊治療は夫婦にとって精神的にも、金銭的にも負担の大きいものです。夫婦でしっかりとコミュニケーションをとり、支え合うことが精神の安定につながり、健やかな赤ちゃんを育むことに繋がります。

卵子提供丸わかりガイドプレゼント!

アドバイザーみどり
こちらから私がまとめた卵子提供丸わかりガイドを無料で提供しております! 卵子提供は正しい情報が伝わりにくいので、親身な企業もあれば不誠実な企業も残念ながら存在します。後悔しないために、ぜひ参考にしてください。