妊娠5ヵ月(16週~19週)のココロとカラダの変化、赤ちゃんの状態は?

 

 

今回は妊娠5ヶ月目に注意すべき点や、安心安全に健康的に過ごす方法についてご紹介させていただきます。

妊娠5ヵ月を迎えた妊婦さんの状態と現れやすい症状

 

 

つわりの症状

胎盤が完成して、一般的に「安定期」と言われる妊娠5ヵ月。妊娠初期のつわりの症状は胎盤ができあがっていく過程で起きると言われているため、吐き気や嘔吐などの辛いつわりで苦しんでいたママも症状が軽減してくるのがこの時期です。「やっと楽しいマタニティライフが過ごせる!」とウキウキしているママも少なくないでしょう。

しかしながらつわりの症状や期間は人それぞれ。妊娠中期以降も症状が治まらなかったり、新たな症状が出てくる場合もあります。ご自身のカラダとうまく付き合ってくださいね。吐き気、嘔吐や下痢が続いて体重が減少しているなどの場合は無理せず医師に相談しましょう。

ちなみに筆者は吐き気・嘔吐・下痢→よだれづわり→激しい頭痛と段階を踏み、安定期を迎えても胃のムカムカとよだれはすっきりしませんでした…。

カラダの変化

また、お腹がポッコリと目立ってきたり、カラダ全体もふっくらとしてくるのがこの時期です。その他にも、人によっては肌荒れ、シミの増加、体毛が濃くなるなどのカラダの変化が見られる場合もあります。様々な変化に戸惑うこともあるかもしれませんが、出産後は元に戻るものがほとんどです。妊娠中だけの特別な変化だと受け止めましょう。

貧血

さらに、妊娠中はママの栄養素が胎盤から赤ちゃんに運ばれていくことで、血液中の鉄分の必要量が増加します。そのことで貧血になりやすい状態とも言えます。意識して鉄分を取るようにするといいでしょう。

頭痛や肩こり腰痛

妊娠が進むにつれてホルモンの影響や、カラダの変化が原因で頭痛や肩こり、腰痛などに悩むママもいます。頭痛で辛くても「薬は飲みたくないし…」と考えるママが大半かと思います。しかし、我慢しすぎてストレスになってもよくありませんので、あまりに症状が酷い場合は医師に相談してください。規則正しい生活、パソコンやスマホの使用頻度を減らすなど自分自身で改善できることもあるので、意識してみてください。

肩こりや腰痛に関しては、日頃から血流をよくするためにウォーキングやストレッチなどをしておくといいでしょう。柔軟性を高めておくことは出産時にも役立ちます。

 

この時期の赤ちゃんの特徴

 

赤ちゃんの大きさ
・妊娠5ヶ月目の16週〜19週の間でおなかの赤ちゃんは
・約12㎝→25cm、
・体重は約100g→250g

動きも活発になり、初めて胎動を感じることが多いのもこの時期です。胎動に気づくと、より妊娠の実感が湧くことでしょう。手足を動かしたり、指をしゃぶったりと、人間らしい動作も増えるので、エコーを通して赤ちゃんの様子を観察する時間も楽しみなりますね。生殖器も完成していくので、運がよければエコーで性別がわかるかもしれません。

しかし、エコーの数分の間に赤ちゃんがちょうどお股を見せてくれるかどうかはわかりません。周囲にも「性別はわかった?」などと聞かれるようになり、期待が膨らむのはわかりますが、それもまた楽しみ。性別に関するジンクスも様々ありますが、気軽にいつか教えてくれるのを待ちましょう。

また、聴覚や視覚をつかさどる「海馬」が発達し始める時期でもあります。お腹に手をあてながら、胎動を通して赤ちゃんとの繋がりを感じたり、優しく話しかけたりすることで、パパとママになる自覚を膨らませていくことにも繋がりますし、、赤ちゃんへの愛情伝達のはじまりでもありますね。出産後の成長ももちろん楽しみですが、お腹の中での成長を感じられるのも今だけ。愛おしみながら、一瞬一瞬を大切に過ごしてくださいね。

注意すべき症状と流産のリスク

 

 

「下腹部に激痛」「生理真っただ中のような出血」「出血がだらだらと続く状態」がある場合は、すぐに受診してください。「心配し過ぎかしら…」なんて思う必要はありません。ママはお腹の中で命を育てているのですから、不安をそのままにせずに相談することも赤ちゃんを守るために必要です。

安定期に入ると流産の危険性はぐっと下がります。しかし、可能性がゼロになるわけではありません。妊娠全体での流産の確率は約15%、そのうち8割は妊娠初期に起こると言われています。妊娠初期に起こる流産の原因は染色体異常によるものがほとんどですが、中期以降の場合は母体に問題があるケースもあります。

下腹部痛や出血などの緊急性が高いものはすぐに受診していただきたいですが、20週前後の検診で経腟超音波検査による切迫流産の兆候がないか診てもらいます。子宮頸管無力症や子宮筋腫、子宮奇形がある場合など、処置が必要な場合もあります。

 

おすすめの過ごし方

 

安産祈願

妊娠5ヵ月に入ると、戌の日に安産祈願をする習わしがあります。一度にたくさんの仔犬を出産する戌の力にあやかって、戌の日に神社で安産を祈願します。

筆者が参加した際は、ママ一人で来ている方もいれば、夫婦二人で、子どもも連れて家族で来ている方もいました。我が家は、両家待ちに待った初孫ということもあり、お互いの両親も参加の計6名で祈願をして、とても心強く感じたのを覚えています。

ぜひ家族で相談して安産祈願に出かけてみてはいかがでしょうか。

旅行やデート

体調が安定してくると、今のうちにできることをやっておきたい!という気持ちになるでしょう。出産後はなかなか難しくなるであろう夫婦での旅行、デートなど無理のない範囲でできるといいですね。ただし、飛行機を利用しての旅行や旅先によっては医師に相談して許可を得てからにしましょう。

適度な運動

体調がよければぜひ適度な運動を始めてみましょう。体重も増加しやすい時期ですので、食事管理と併せてウォーキングや、ストレッチ、マタニティヨガ、エクササイズなどを取り入れるといいでしょう。ただし、お腹が張ったり、下腹部に違和感を感じた場合はストップして、様子を見てくださいね。

体重管理に関しては、痩せ型(BMI18.5未満)9~12㎏、普通(BMI18.5以上25未満)7~12㎏の増加が目安です。肥満BMI25以上の場合は医師の指示を聞いてください。

妊娠に変化が進むにつれて体重が増えていくことに抵抗があるママもいるかもしれませんが、増え過ぎと同様7㎏未満の増えなさ過ぎも低出生体重児を出産するリスクが高まります。赤ちゃんの重さや羊水、胎盤だけでも約7㎏になるわけですから、体重の増加を必要以上に恐れずに、上手にコントロールしていきましょう。

歯科検診を受ける

妊娠初期の食生活の乱れや、妊娠によるホルモンバランスの変化で口腔環境が乱れがちになります。妊娠後期になりお腹が大きくなると、あお向けでの治療が難しくなるので、妊娠中期の体調のいいときに歯科治療を行いましょう。

美容院に行く

歯科治療と同様、美容院でのケアも妊娠後期になると大変になってきます。美容師さんに妊娠の旨を伝えれば、体勢や所要時間など考慮してくれる場合もあります。

歯医者も美容院も出産後はなかなか思うように行けなくなる場合がほとんどですので、ぜひ出産前にケアしておきましょう。

 

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。