妊娠23週目

妊娠23週目の胎児の成長や、お腹の様子、胎動の変化、母体にでてくる症状や、お腹のはりや腹痛、出血、破水、早産のリスクについてもご紹介させていただきます。

実際に妊娠23週目の妊婦さんの体験談も合わせてご紹介させていただきます。

妊娠23週目の胎児の大きさは?

妊娠23週目の胎児の大きさは?

妊娠23週目の胎児は600g前後まで大きくなります。子宮がより安定しより赤ちゃんの存在を体感することになるでしょう。

そのため妊婦さんの母体の体の見た目にも変化がでます。マタニティーファッションや、マタニティーグッツなどを活用して、ストレスなく暮らせる工夫が必要になってきます。

このころ赤ちゃんの顔もできており、エコーをみると顔の形や、目や鼻といったパーツもはっきりとみえるようになってきます。超音波検査で確認できます。

聴覚はこのころから発達するといわれています。より声をかけてあげたり、お腹の赤ちゃんと話すことができるでしょう。

妊娠23週目の母体の変化は?

妊娠23週目の母体

子宮が大きくなり、横隔膜まで到達するため、呼吸がしんどくなることがでてきます。階段を登ったり、走ったりすると体に負担がかかるので控えるほうがよいでしょう。

無理に運動をすると、早産のリスクも高まるので注意が必要です。こういった理由から、つわりがでてきてしまったり、食欲がなくなることもしばしばあります。

妊婦さんの体はむくみやすい時期に入ります。子宮が大きくなったことで、静脈を圧迫し体の血液循環が悪くなります。

妊娠23週目は便秘しやすい?

妊娠26週目の便秘

妊娠23週目は便秘しやすい時期です。骨盤が上がってしまい、便の排出がしづらい体の構造にあります。そのため、便秘がおきやすくなってしまうんどえす。

レタスや、キャベツといった食物繊維をとったり、水分をこまめにとることで、排出しやすくしたりはできますが、便秘は一定おきていまうことですので、注意が必要です。

便秘のため体重が増えてしまたっという方もいますので、体重の管理には注意しましょう。

妊娠23週目の体験談①

妊娠23週目の体験談

現在32歳、妊娠23週目です。粉川レディスクリニックに通院しています。今後は子供が増えてお金がかかるので、ちゃんと生活できるのかが心配です。

現在二人目妊娠中。一人目も二人目も不妊治療は受けず自然に授かることが出来ました。ただ、一人目のときは持病があり投薬していたので結婚してから子供ができるまでは3年かかりました。

一人目の妊娠は?

友人が次々と妊娠、出産して行く中で自分が子供が出来ないことを悔しく思い、泣くひびもありました。

妊娠ご発覚したときはそれは嬉しくて仕方がありませんでしたが、それと同時に流産してしまわないかということが気になりました。

安定期に入ってから、早産が不安でした

安定期に入れば早産しないかと不安になり、妊娠して気づいたことは命を授かり嬉しい気持ちはとてもあったけどそれ以上に妊娠から出産までの間は常に不安がつきものだと気付かされました。

ですが胎動は赤ちゃんがお腹の中で元気に育っている証。最後は痛くて早く出て来て!と思いましたが自分の中にもう1つ命があるなんて人生の中で何度も経験できるわけではないのでありがたみを感じました。

仕事と妊娠の両立は大変

一人目妊娠中、34週まで仕事を続けましたが悪阻も軽かったため、休むこともなく最後まで働くことができましました。

妊娠中にもぅ1つ気づいたことは妊婦はまわりの人に助けられているということ。スーパーに言っても店員さんに助けられたり公共機関を利用しても助けられたり、仕事をしていても助けてもらったり。

一人の力で育てているんではないなぁと実感しました。出産は緊急帝王切開でした。促進剤を使用しましたが効果でず、赤ちゃんの命を助ける最善の方法という形をとりました。

最初はお腹を切るということに戸惑いましたが産声を聞いた瞬間戸惑ったことなんてすぐに、忘れて生まれて来てくれたことに感謝で涙が出ました。産んでからはどんな産み方でも出産は命がけだということを知りました。

二人目の出産は?

今回は仕事はしていません。悪阻は一人目同様軽くご飯が食べれないなんて日はありません。

ですがやはり流産してしまわないか、早産してしまわないかという不安は変わらずで胎動感じているにもかかわらずこの胎動が止まることはないだろうかとまで思ってしまっています。

今回も帝王切開での出産予定ですが今はとにかくギリギリまでお腹の中で育って欲しい。元気な子が生まれて欲しい。五体満足で生まれて来てくれますようにと願うばかりです。

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。