産後・授乳中もベルタ葉酸の摂取が必要な理由とは?

産後・授乳中にベルタ葉酸サプリは必要なのでしょうか。妊娠中に葉酸の摂取を勧められることは多いため、服用しているという方は多いです。実はベルタ葉酸は、妊娠中だけでなく、産後の授乳期にも葉酸は大活躍します。

どうして葉酸が必要になってくるのか?産後や、授乳中になぜ葉酸が必要になるのか?日々の生活で効率的に葉酸を摂取するにはどうしたら良いか?をご説明します。

妊娠中・産後のお母さんが葉酸を必要とする理由は?

妊娠中

妊娠中は胎児の先天性神経管閉鎖障害のリスクを減らしたり、成長をスムーズにするために葉酸が必要不可欠ですが、実は産後も葉酸は積極的に摂取した方が良い栄養素なのです。それは次の理由からきています。

出産後のママの体力は著しく低下しており、葉酸はその疲労回復をサポートする役割もあるのです。

日本では平成12年に厚生労働省が「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性などに対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」という通知を出しており、葉酸の大切さが世の中に知れ渡ってきました。その大切な葉酸について、更に詳しくご説明します。

葉酸と妊娠・出産の関係について

出産

葉酸は妊娠中も授乳中も必要不可欠な栄養素です。もし妊娠初期に葉酸が不足すると、無脳症や脊椎二分などの神経管閉鎖障害の先天性疾患を引き起こす可能性があります。

これは葉酸が不足することで細胞分裂がスムーズに行われず、胎児の成長に影響がでることで起こります。先天性異常が起きた赤ちゃんは、生きていられず流産や死産につながってしまうこともあるのです。

生まれた赤ちゃんも、ものすごいスピードで成長しますから、その時に葉酸が不足すると細胞分裂に影響を与える可能性があるのです。これらの影響があることから、厚生労働省のホームページにも葉酸の必要性はしっかり記載されています。

つわりで体調が悪く、きちんと栄養が摂れなくて不安な時もできる限り葉酸を摂取できるように心がけましょう。

葉酸は毎日どのくらいとればいい?

葉酸必要量

では、葉酸は一日にどの程度摂取すればよいのでしょうか。厚生労働省で推奨されている葉酸の一日の摂取目安量は、妊娠していないときは240μg、妊娠中や妊活中で480μg程といわれています。

平均的な成人の葉酸摂取量は200μg程度と言われていますので、妊娠中、妊活中には通常時の量では全然足りてないですね。妊娠中は身体をめぐる血液の量が1.5倍にも増えるので、葉酸もその分必要になります。

妊活中も、葉酸は血の巡りを良くし、子宮内膜をふかふかにする効果がありますので、妊娠中と同様積極的に摂取することをおすすめします。

特に妊娠初期には一日640μg、産後、授乳期には340μgを目安に摂取すると良いでしょう。葉酸は水溶性のビタミンなので、加熱することで栄養素が壊れてしまいます。

一日の摂取量をすべて食事から摂取しようとすると結構な量の食材を生のまま食べなければなりません。なので、食事で補いきれない分はサプリメントを併用して摂取することをお勧めします。

ベルタ葉酸の格安購入方法は?

2017.09.10

授乳中の葉酸不足が赤ちゃんとママに与えるリスク

Risk

妊娠初期に葉酸不足が引き起こす問題について冒頭にも書かせていただきましたが、授乳中にも葉酸が不足すると赤ちゃんの発育に遅れがみられるなどのリスクがある場合があります。そして産後の葉酸不足はママにも大きな影響があります。

産後はママの体が急速に回復していく時期です。大きかった子宮が元の大きさに戻り、赤ちゃんのための母乳がたくさん出るようになります。葉酸は疲労回復の効果もありますから、この時期に葉酸が不足すると子宮の戻りが悪くなってしまったり母乳の生産がうまくいかず思ったように母乳が出ず、産後の体重の戻りにも影響するのです。

母乳は血液からつくられます。赤ちゃんは栄養成分を母乳から摂取しますが、葉酸が不足すると母乳に含まれる葉酸も不足してしまうので、赤ちゃんにうまく栄養が届けられなくなってしまうのです。

葉酸を効率的に摂取するにはどうすれば良いのか

効率のいい摂取方法

普通の生活で葉酸を必要な量を充分に摂取するのは難しいですから、うまくサプリメントを併用しましょう。とくに授乳期には必要な栄養素が多いので、その他の栄養素も効率よく摂取できるベルタ葉酸サプリをおすすめします。

授乳中は一日に340μgの葉酸を摂取すると良いと言われていますので、1日に3~4粒を目安に摂取するのが良いでしょう。
他のサプリと比較して含まれる栄養素が多いこともおすすめのポイントです。

ベルタ葉酸サプリには授乳期に必要な鉄分やカルシウムに加えて、13種類のビタミンと14種類のミネラル、20種類のアミノ酸もバランスよく配合されて作られています。

特に鉄分は20mg、カルシウムは232mgと一日に必要な摂取量をバランスよくカバーできますので、つわりで体調が悪かったり、家事育児の疲労でうまく食事が摂れないときにも安心です。

大きさも市販の他の葉酸サプリと比較しても小さめに作られており、つわりの時期にも飲みやすい丸い形となっているので、妊娠初期から産後にかけて飲みやすい工夫がしてあります。

ベルタ葉酸サプリの口コミや評判は?

2017.09.17

授乳中に葉酸は飲みすぎたらどうなる?副作用はあるの?

副作用は?

ベルタ葉酸サプリを飲んで、葉酸が摂りすぎになってしまったらどうなるのか?サプリメントに副作用はないのか?そう心配する方もいるかもしれません。

葉酸は基本的には普通に適量を摂取している分には問題はありませんし、多少の量であれば体に不要な分は尿として排出されます。ですが、著しく多い量を長期間飲みすぎると吐き気や不眠症、悪性の貧血のもとになったりしますので、毎日適量を摂取することが大切です。

サプリメントで飲み忘れてしまったから、と言ってまとめ飲みするのではなく一日数回に分けて摂取るのが理想です。

ベルタ葉酸サプリの飲み方は?

2017.09.20

ベルタ葉酸サプリに配合される嬉しい成分

ベルタ葉酸の成分

ベルタ葉酸サプリには、葉酸や鉄分、カルシウム、ビタミンなどの栄養素だけでなく、お肌につやと張りを与えるツバメの巣や、美肌・アンチエイジング効果のあるプラセンタ、健康的な肌を保つコラーゲン、高い保水力を持つヒアルロン酸などの、出産を頑張ったお母さんには嬉しい美容をサポートする成分が配合されています。

家事育児で忙しく中々自分の時間も取れない中、お母さんの体調を気遣う成分が嬉しいです。
ちょっとしたご褒美として日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

「あの時こうしていれば」後悔しないために。

葉酸をきちんと摂取することをおすすめする何よりの理由は、お母さんが後悔しないためです。
お母さんは妊娠した時から赤ちゃんのことで頭がいっぱいです。赤ちゃんのために色々考えて行動します。

もし、妊娠初期に葉酸が足りずに赤ちゃんが先天性の神経管閉鎖障害を持って生まれてしまったら?授乳中の葉酸が足りずに発育が遅れてしまったら?

先天性異常などは遺伝の影響もあるので、お母さんのせいであるとは一概には言えません。ですが、そのようなことが起こった時に間違いなく自分を責めてしまうかもしれません。

そうならないためにも、妊娠を待つ妊活中から授乳のときまで、葉酸サプリを摂ることが大事なのです。何かあった時に自分を責めずに、きちんと赤ちゃんと向き合うための準備でもあるのです。

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。