卵子の老化を改善するには?

卵子は年齢ごとに老化することをご存知ですか?また老化するだけではなく、数も減少していくのです。年齢と同じ、卵子は若返らせることはできませんが、卵子の老化を防止し、質を維持することはできます。今回は、卵子老化の防止や、改善方法についてご紹介します。

卵子の老化とは?

不妊治療を進めていく上で、卵子の老化について、しっかりと知識を持つことがとても大切です。なぜなら、妊娠の主役は「卵子」だからです。受精した後、しっかりと細胞分裂を続け、子宮内に着床し流産せずに出産することができる卵子が、「良い卵子」と言えます。

つまり、卵子が老化していくとうことは、上手く細胞分裂を行うことができなくなったり、受精しても子宮内に着床することができなくなるということです。

しかし、最近では、高齢出産を経験している人が多いですし、高齢でも不妊治療をせずに、自然妊娠で出産している女性も多いです。確かに、若い人に比べると、高齢の女性のほうが、妊娠率が下がるのは、事実です。しかし、高齢だからといって、出産できないというわけではないのです。

自然妊娠ではなくても、体外受精などで、妊娠し出産している女性はたくさんいます。実際体外受精で生まれてくる子供は年間5万人います。卵子が年齢と同じ老化しているから、必ずしも妊娠・出産は無理というわけではないのです。

卵子の仕組み

卵子の元となる原子始細胞卵胞は、胎児の頃から存在しています。原子細胞は産まれる時に、卵巣に約200万個存在しています。その後、生まれてから、月経が始まるまでの思春期の頃には、約20~30万個まで減少します。減少する一番の原因は「月経」です。一度の月経で、約1000個の細胞が減少していきます。つまり歳を重ねていくことで、卵子の数が減っていくのです。

また、卵子は自分の年齢と同じだけじように歳をとります。つまり、人の年齢=卵子の年齢ということになります。つまり、人の年齢=卵子の年齢ということになります。身体やお肌が年齢とともに、変化していくように、卵子も変化していくのです。いわゆるこれが卵子の「老化」です。

老化した卵子を若返らせることはできませんが老化を維持することはできます。卵子の老化の原因はさまざまですが、一般的には卵巣機能の衰えと言われています。卵巣は、加齢、ストレス、女性機能系の病気、生活習慣の乱れなどの生活環境の影響をとても受けやすいのです。

卵巣の働きと女性ホルモンの分泌は、30代後半から急激に低下し始めます。加齢は誰もが同じように歳をとっていきますが、ストレスや生活習慣などは、人によって違うため、同じ年齢の女性の卵巣機能が必ずしも同じではありません。一般的には、人の年齢=卵子の年齢なのですが、人の年齢=卵子の年齢とは言い切れないのです。

老化の原因

卵子の老化の主な原因として、「加齢」だと言われています。卵子の老化により、精子が健康であっても、受精卵にならなかったり、受精卵になったとしても着床できなかったりと、結果的に不妊症になってしまうのです。

人間の体は、もともとは、1つの細胞からできています。それは、卵子と精子が合体してできた受精卵のことです。卵子は母親の体内で、また精子は父親の体内で作られます。卵子の細胞となるものを卵母細胞と呼ばれ、この卵母細胞は母親の卵巣の中で蓄えらえているものです。

母体の老化、つまり加齢に伴い、この卵母細胞は染色体分配の誤りがの頻度は、母体の老化、つまり加齢に伴い起こりやすくなります。これは最近の研究で分かってきました。染色体数が異常になってしまった卵子は、精子と受精し、着床できたとしても、出産に至らないか、出産に至っても、ダウン症などの先天性疾患を引き起こします。

この染色体分配の異常の詳しい原因などは、現在研究中で、明確な原因に関してははっきりしたことは分かっていません。

卵子老化の加齢以外の原因は?

加齢による、卵子の老化は防ぐことはできませんが、生活習慣などが原因で老化してしまうこともあります。それは血行の流れ、活性酸素、ミトコンドリアの機能が影響してきます。

血行不良や過度のダイエット

卵子は卵巣で作られるため、卵巣の機能を正常に保つことがとても重要です。そのために、卵巣にしっかりとした栄養と酸素が行き届く必要があります。また、卵子が正常な細胞分裂を行うにも、栄養と酸素は必要です。

しかし、血行不良や過度のダイエットで、栄養と酸素がしっかりと卵巣に行き届かないと、卵巣機能が低下していまい、卵子の保存状態が悪くなります卵子の質が悪くなってしまいます。卵子の質が悪くなると、。また卵子が正常に細胞分裂を行うことが出来ないため、染色体分配の誤りが起こりやすくなります。

活性酸素

活性酸素とは、体内に侵入した外敵から身を守るために作られる大切な物質です。活性化酸素は、加齢や紫外線の影響で活発化していくため、体内の細胞や物質を酸化させて、劣化させていきます。

ミトコンドリアの機能低下

実は、卵子が細胞分裂をするためには、大量のエネルギーが必要となります。このエネルギーを作り出しているのがミトコンドリアなのです。ミトコンドリアの機能が低下してしまうと、エネルギーが供給おできなくなり、卵子は成長することが出来ません。

卵子の老化を遅らせるために、ミトコンドリアの機能を向上させることは、とても大切なことです。

卵子の老化により妊娠率が下がる

妊娠するためには、健康な卵子と精子が必要になります。高齢であっても、体外受精で妊娠・出産している女性は多くいます。卵子は、卵巣にある卵胞に包まれた状態で蓄えられています。これを原始卵胞と呼びます。

原始卵胞は、月に1000個ほど育つのですが、ほとんどが消えてなくなってしまい、一部の卵胞だけが、18~20mmほどの大きさに成長し、またその中の1つだけが排卵をします。つまり、自然周期の排卵の場合は、1個の卵子しか排卵しないということになります。

体外受精の場合は、18~20mmほどの大きさに成長した卵胞を、卵巣から採卵をしてその中から卵子を取り出します。自然妊娠であろうと、体外受精での妊娠であろうと、妊娠することができれば、生まれてくる子供には、なんら変わりはありません。

ただ、妊娠するために必要な卵子は、「質」によって、大きく変わるため、卵子の老化は妊娠率に、大きく影響してくるのです。

卵子老化を防止するには?

卵子の老化を防ぐことはできませんが、遅らせることは可能です。つまり、卵子の「質」をあげるのです。例えで言うのであれば、年齢を若返らせることはできませんが、体内年齢やお肌などは、その人の生活習慣や食事制限などで、実年齢よりも若くすることができます。それと同様に、卵子の老化を防止することは不可能ではないのです。

卵子の老化を防ぐための改善方法

まず、卵巣の機能を正常に維持するためには、規則正しい生活が必要となります。そして何より、「冷え」に気を付けなければいけません。冷えは卵巣の機能を低下させるからです。体が冷えているということは、血行不良を起こしているということです。体の血液の流れが悪くなると、内臓や生殖器などに十分な栄養や酸素が行き届かず、正常に働くことができません。

不妊治療を行っている人は、病院で治療を受けさえしていれば、簡単に妊娠できると思ってはいけません。もちろん、妊娠できる可能性もありますが、日常生活で、自分自身で治療することもできるのです。不妊症で悩んでいる人は、さまざまな方法で、妊娠できる可能性を信じて、治療・改善していかなければいけないのです。

改善方法としては、「血行の改善」「栄養状態の改善」「活性酸素の除去」「ミトコンドリアの機能向上」が取り上げられます。

健康な人は、規則正しい生活で毎日を過ごしています。これだけを行っていれば、不妊治療から脱却できるものではありませんが、妊娠するためには、健康な卵子と卵子が作られる卵巣の機能を向上させることは、とても必要なことなのです。また、卵子老化の防止対策として、栄養素の高いサプリメントを摂取することも大切です。

日々の食生活で、栄養のバランスがとれた食事で、栄養素を体内に取り入れることも大切なのですが、残念ながら、日々の食事では、大切な栄養を摂取することは、ほぼ不可能です。基本は、食事で栄養素を取りながら、サプリメントで足りない分を補うという形をとると良いでしょう。

卵子の老化を遅らせるためには、適度な運動も必要です。適度な運動をすることにより、血行の改善にもなります。例えば、20分程度のウォーキングは骨盤内の血流を改善してくれるため、とても良いことです。骨盤内の血流を改善されると、子宮内の血流が良くなり、卵子が作られる卵巣にとって、とても良い環境になるということです。

卵子老化を防止するのにいい食事とは?

食事制限によっても、卵子の老化を防止することができます。例えば、亜鉛、葉酸、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンD、カリウムなどです。これを見ると、毎日の食生活で、さまざまな栄養素がどれだけ大切か分かります。

亜鉛

亜鉛は性機能を正常に維持させる効果があります。また、細胞分裂を行うために必要な栄養素でもあります。

ビタミンA,C,Eは抗酸化の役割

ビタミンA,C,Eは、高い抗酸化作用のある栄養素です。体内の物質が酸化するのを防ぐ効果のある栄養素は、血行不良改善の効果もあります。

ビタミンD

ビタミンDは、最近の研究結果で、不妊治療の有効性が期待されている注目の栄養素であります。キノコや鮭などに含まれており、また日光を浴びることによって、体内でも作られる栄養素でもあります。

カリウム

カリウムは、卵子のミトコンドリアに作用して、卵子の質を上げる働きがあります。ミトコンドリアを活性化させることで、卵子の質を上げることが出来るのです。

葉酸

葉酸は、妊娠してからも必要な栄養素として、とても有名です。葉酸は、お腹の子供の先天障害を防ぐことができます。

まとめ

いかがでしたか?

卵子の老化を防ぐことはできませんが、遅らせることにより、「質」をあげることができます。妊娠のためには、卵子の質だけをあげればいいということではありません。もちろん子宮内も、受精卵がしっかりと着床できるために、準備しておくことも大切です。生活環境の改善や食事生活の改善によって、血行が良くなれば、子宮内も変化していくので、おのずと妊娠率が上がることでしょう。

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。