30歳の妊娠確率は低い?

30歳の妊娠確率は25~30%といわれています。高齢出産にはまだ早いですが、30歳になると、妊娠確率はどれくらいなのかな?リスクはないのか?もう妊娠は遅いのかな?と節目ということもあり、体の老化を少しづつ感じることが増え、妊娠に対する不安が増えやすいタイミングになります。

そこで今回は、30歳から妊活を開始、一人目を妊娠した二人のママの体験談や30歳の妊娠の妊娠率、ダウン症や障害時の生まれるリスク、仕事と妊活の両立の悩み等を紹介させていただきます。

30歳の妊娠確率は?


※参照データ元

30歳の妊娠確率は25~30%程度です。100人不妊治療をしていれば25人から30人は妊娠しています。そのうち出産に成功しているのは20人程度となっております。

妊娠できれば8割は出産に無事成功をしています。ほとんどのケースで無事に赤ちゃんを拝むことができています。なので30歳での妊娠は遅い?と思われる方もいたかもしれませんが妊娠をするには十分若い年齢ということができるでしょう。

余談にはなりますが、生物学的な妊娠の推奨年齢はなんと18歳です。現状18歳では子育てが難しい年齢です。

30歳の流産のリスクは?

30歳で流産する可能性は、10%程度です。なので10人いれば1人は流産することになります。世間的には 30超えた妊娠は高齢のイメージをもたれているかと思いますが、そんなに遅い年齢ででもないです。

実際都内の平均出産年齢は30歳をこえてますからね。なので一度流産しても気を落とさずにまた妊活を続けていきましょう。

私の周りでも30歳で妊娠したけれど流産した方は散見しています。

30歳の妊娠で初産は遅い?リスクは?

30歳の初産は遅いのか?節目の年齢ということもあり、気になるかたも多いのが30歳という年齢です。まわりで結婚をして出産する友達が増えてきた、今週末には子供をつれて、ちょっとディズニーにいってきた。このような声を聴く機会や、インスタやツイッターSNSで見かける機会も増えてくるでしょう。

自然妊娠で出産したいけど大丈夫なのか?出産したら奇形児やダウン症の子供が生まれてしまうのではないか。心配される方もいいですが、30歳はまだまだ大丈夫な年齢です実際に初産の平均年齢は30歳を超えているので安心してください。

妊娠確率の表を見てお気づきになったかもしれませんが、35歳くらいまでは問題なく妊娠できます。実際に妊娠確率が20代より低くなっているのは事実ですが、ストレスを溜めることなく健康的な生活をしていれば問題ないかもしれません。

30歳の妊娠
  1. 全国の平均出産年齢は30.6歳
  2. 全国の二人目の平均年齢は32.6歳
  3. 平均結婚年齢は 29.4歳

30歳で妊娠、一人目(初産)を経験

30歳

えみり現在34歳です。30歳で妊娠、初産を経験しました。現在子供は4歳になっています。私は妊娠するまでに、妊活/不妊治療で時間がかかったのと妊娠糖尿病の心配があったのでせっかくできた子供を絶対に生みたい!という強い気持ちがありました。

とにかく流産せずに、産まれてきてくれればいいと思うと同時に、やはり五体満足に健康であってほしいと願いました。

初めての赤ちゃんの出産は?

初産だったので色々なことに気をつけて気をつけすぎるくらいでした。私が妊娠する少し前に私の親友が妊娠して流産してしまいました。

とても落ち込む経験をしていたので、”私も流産してしまうのではないかな。”と、とにかく色んな悪い考えが頭をめぐって眠れなくなることもありました。

旦那の出産サポートは?

夫もとても協力的で私の願いはできるだけかなえてくれました。彼も私と同じくやっとできた我が子に会いたい気持ちでした。

義理の両親からはプレッシャーを感じましたが私の両親はリラックスして普通にしていなさいと言われました。

ストレスが一番よくないんだからと言って高齢出産をした母は色々なことをして私を助けてくれました。

不妊治療が必要だった私は?

不妊だと分かったときは絶望的な気持ちになって夫婦で泣いたりしました。主人が”確率の問題だから、もういっかい頑張ろう”と言ってくれました。

その後なんとか頑張って子供が出来たときは夫婦の絆がより強くなったきがします。

女性は子供がお腹の中にいる時から少しずつ母親になっていくといいますが、私達夫婦は不妊治療を通して二人とも親になっていった気がします。

葉酸サプリで健康管理しました

それから不妊治療中は自分たちの健康管理や食生活に気をつけたりしてそれもよかったと思っています。もし簡単に妊娠できていたら気が付けなったことにも気がつけました。

普段の食事だけだとなかなか必要な要素がとれないということで、病院の先生に紹介されたベルタ葉酸サプリを活用していました。

ベルタ葉酸サプリの口コミや評判は?

2017.09.17

子どもの無事出産を願う気持ち

昔、自分が子供の頃に両親が健康に育ってくれたらそれだけでいい。と言っていた意味が自分が親となった時によくわかりました。健康で無事に産まれてきた我が子に会いたい。

もうそれだけでした。神様にもお願いしました。母親にたのんで安産のお守りなども買ってきてもらったりもしました。

子育てが始まって…

今ではその時産まれた子も4歳になります。子育てもこれからもと大変になると思います。しかし、五体満足で健康に産まれてきてくれたことに感謝しています。

もっとこうしてくれたらいいとかこうなって欲しいとか思うことはたくさんあります。

苦労して不妊治療していた時の気持ちや産まれてきてくれた時のことを思い出すと今、元気でいてくれることで満足です。いつかもう少し大きくなったら彼が生まれてきた時の話をしたいと思います。私の両親が私にしてくれたように。

30歳、妊娠の体験談②

30歳
こんにちは悦子です。30歳の時に妊娠ができないとあせりそこからの妊活スタートです。仕事との両立で苦労した私の経験談を紹介させていただきます。

妊娠中は特に悪阻などもなく、健康な状態で過ごせた方だと思います。しかし、1度だけ検診で早産気味になっていると言われたことがあり、すごく心配になったことがあります。

仕事との兼ね合いが大変…

その時期はまだ仕事もしていたので、すぐに職場にその事を伝え座って出来る仕事や、体の負担の少ない作業を中心にしてもらいました。

初めての妊娠だったこともあり、少しのことでもすぐに不安になっていたと思います。そんな中で、職場の方々にはかなり助けられたと思います。

みんなに気遣っていただき、理解が得られたことは本当に有り難かったです。妊娠中はとにかく無事に産まれてくれることだけを考えていました。

妊活を始めたばかりの頃は?

初期の頃には男の子と、女の子だったらどちらが欲しいとか、目は旦那さんに似て欲しいとか、いろいろと考えていましたが、お腹が大きくなってくるにつれて、そんな事はどうでも良くなってきました。

私のお腹の中で1つの命が育っていることが不思議で、すごく尊いことに思えて、無事に産まれてくれるだけで素晴らしいことなんだということに気付いたからです。

赤ちゃんをエコーで見た時は?

エコーで赤ちゃんの様子が見える時には、思わず指の数を数えたりしていました。先生からきちんと成長している、問題ないと言われることが、すごく安心でき、心が軽くなる瞬間でした。

自分の体は自分だけのものじゃない。

胎児をみたことで、自分だけの体じゃないんだ。そう思いました。そこからは自分の体と胎児に必要な栄養素を取るために、栄養バランスのいい食事を心がけることから、葉酸サプリを取るようになりました。

サプリはこれまで摂取することがなかったのですが、周りのママ友も葉酸サプリを結構飲んでよかったと話を聞いていたので、安心して飲みました。

ベルタ葉酸サプリの口コミや評判は?

2017.09.17

妊娠後期に入ってからは?

妊娠後期に入ってくると、自分のものではないぐらいお腹が大きくなってきて、下に落ちたものをしゃがんで取ることすら大変なことでした。

胎動を感じて感動していたのも束の間で、そのうち本当に痛いぐらい蹴られるようになりました。最後の方には、蹴った足の形がしっかり見えるぐらいでした。

妊娠後期に入ると?

また、妊娠後期の症状もいろいろ出てきた時期です。私は赤ちゃんがすこし下の方にいたらしく、膀胱が圧迫されてすごくトイレが近かったです。夜中何度もトイレに起きるのでなかなか熟睡出来ないような状態でした。腰痛や、むくみ、疲れやすいとかの症状もありました。

子どもの出産までを振り返って

でも、今となってはそんなことも全然辛くないと思える素敵な時間だったと思います。ずっと赤ちゃんと一緒にいることで、自分がどんどん母親になっているんだと実感できました。

赤ちゃんの事を考えて大好きなお寿司を我慢したり、自分の服よりも子どもの服に目がいったり、身体を冷やさないように夏でも靴下を履いたり…

今まで気にしたこともなかったけど、赤ちゃんが出来たことで気付けたことです。女性は子どもが産まれて母になる訳じゃないんだと思います。お腹に宿った瞬間から、産まれてくるまでですでに母親なんだと感じました。

子育てに奮闘してます

ちょっと前まで小さな赤ちゃんだったのに、1歳8ヶ月とおおきな子どもになりました。これから健康にそだっっていてほしです。

31歳の妊娠確率は?

2017.09.02

30歳で二人目の妊娠した体験談③

28歳で第一子を出産、30歳で二人目を妊娠しました。今の悩み事はマイホームを買うかどうかと、費用がどのくらいかかるかということです。今回は30歳で二人目を妊娠した経験を共有させていただきます。

最初の出産

最初の子どもの妊娠が分かったのは2011年3月頭でした。周囲のアドバイスで5週に入ってから実家近くのかかりつけの病院に行ったのは忘れもしない2011年3月11日のお昼前、その3時間後に実家にいた時に大きな地震がありました。幸い実家も自宅のある場所も震度5強で大きな被害はありませんでした。

震災後の妊活は大変でした

その数日後から激しいめまいや吐き気などつわりの症状に見舞われました。しかし震災直後の街はいつもと違いました。

体調がいいタイミングで出かけても計画停電のため買い物ができないかったり、近くのATMが使えない、エレベーターが使えず階段での移動を余儀なくされたり、また余震で足元が揺れて体調が悪化するなど多くの問題が起きました。

妊娠中の精神的なストレス、仕事を退職

私の住んでた地域では停電の影響は少なく、1週間程度で復旧しました。しかしあまりこのように言うべきではないですが、テレビを見ても震災報道同じCMが流れるばかりで気分転換ができないこともありました。

この当時は整骨院で受付業務や雑用をこなすパートの仕事をしていました。しかし立ち仕事で身体の負担が大きく、体調もよくないので院長と相談した上で妊娠5ヶ月で退職しました。

安定期に入ってからの妊活

安定期に入り出産までの経過は順調で、その頃につわりもほぼ収まりました。近場に旅行に行ったり無理のない範囲で買い物や外食と残り少ない夫婦2人の時間を満喫しました。

出産予定日を1週間過ぎ、胎盤の石灰化が始まってるとの事で陣痛促進剤を使っての出産準備で入院しました。

病院へ入院してリスクの高い出産

入院したその夜に処置をする前に陣痛が始まったのでそのまま出産になりました。
順調にお産が進み陣痛開始から8時間、分娩室に移動した直後に私が痙攣を起こし意識を失い、緊急の措置が取られたそうです。

幸い2時間後に意識が戻り、子どもは鉗子分娩で無事に産まれてきたと聞きました。あとで医師から説明があり、40%以上の確率で命を落とす可能性があった事です。

命が助かっても意識が戻らないなど重篤な後遺症が残る可能性が高かった事を聞かされました。その後、脳のMRIや脳波検査、神経内科の通院を経て経過が比較的順調であるとわかりました。

第二子の出産

同じ病院、もしくは設備が整った大学病院での出産を条件に第2子を考えてもよいとの事で、上の子が1歳2ヶ月になった頃に次の子どもを授かることができました。

但し、要経過観察で一般の妊婦さんよりも健診の頻度が多く、血圧や体重のチェック、塩分やカロリーを控えめにするよう食事の管理に気を使うように指導をされながらも経過は至って順調で、あっという間に予定日を迎えました。

第二子の出産予定日

予定日から2日遅れて陣痛が始まり即入院、前回の出産を踏まえて、5分おきの自動血圧測定の機械とすぐに点滴ができるための注射針のようなものを片方ずつの腕につけられながらの出産でした。

陣痛開始からからわずか2時間、入院から1時間で何事もなくスムーズに出産をする事ができました。

当時の様子を知る医師や助産師が多く、無事に出産できた事を皆で喜びあった事を今でも鮮明に覚えています。

第三子をどうするか?

この先、第3子はもう考えていません。年齢が上がりよりリスクの高い妊娠出産により自分の身に何か起きたらと考えると次の妊娠は考えられません。

妊娠出産は命懸けである事を自分の身を持って知る事ができました。不安になりすぎる事はよくないですが、もしもの可能性がゼロではない事をすべての妊婦さんやそのご家族に知っていただきたいと思います。

30歳二人目の出産は?
  1. 仕事との両立が大変。
  2. 一人目の子育てとの兼ね合いが大変。
  3. 三人目も欲しくなるくらい幸せ。

30歳の妊娠で初産ママの体験談④

妊娠中は特に悪阻などもなく、健康な状態で過ごせた方だと思います。しかし、1度だけ検診で早産気味になっていると言われたことがあり、すごく心配になったことがあります。

その時期はまだ仕事もしていたので、すぐに職場にその事を伝え座って出来る仕事や、体の負担の少ない作業を中心にしてもらいました。

初めての妊娠は不安です…

初めての妊娠だったこともあり、少しのことでもすぐに不安になっていたと思います。そんな中で、職場の方々にはかなり助けられたと思います。

みんなに気遣っていただき、理解が得られたことは本当に有り難かったです。妊娠中はとにかく無事に産まれてくれることだけを考えていました。

初期の頃には男の子と、女の子だったらどちらが欲しいとか、目は旦那さんに似て欲しいとか、いろいろと考えていましたが、お腹が大きくなってくるにつれて、そんな事はどうでも良くなってきました。

お腹の中に命を感じました。

私のお腹の中で1つの命が育っていることが不思議で、すごく尊いことに思えて、無事に産まれてくれるだけで素晴らしいことなんだということに気付いたからです。

エコーで赤ちゃんの様子が見える時には、思わず指の数を数えたりしていました。先生からきちんと成長している、問題ないと言われることが、すごく安心でき、心が軽くなる瞬間でした。

妊娠後期に入ってくると、自分のものではないぐらいお腹が大きくなってきて、下に落ちたものをしゃがんで取ることすら大変なことでした。

赤ちゃんの胎動がどんどん強くなってきました

胎動を感じて感動していたのも束の間で、そのうち本当に痛いぐらい蹴られるようになりました。

最後の方には、蹴った足の形がしっかり見えるぐらいでした。また、妊娠後期の症状もいろいろ出てきた時期です。

私は赤ちゃんがすこし下の方にいたらしく、膀胱が圧迫されてすごくトイレが近かったです。

妊娠後期は体への負担が多くなっていきました

夜中何度もトイレに起きるのでなかなか熟睡出来ないような状態でした。腰痛や、むくみ、疲れやすいとかの症状もありました。

でも、今となってはそんなことも全然辛くないと思える素敵な時間だったと思います。

ずっと赤ちゃんと一緒にいることで、自分がどんどん母親になっているんだと実感できました。

30歳で妊娠を経験して思ったこと

赤ちゃんの事を考えて大好きなお寿司を我慢したり、自分の服よりも子どもの服に目がいったり、身体を冷やさないように夏でも靴下を履いたりしました

今まで気にしたこともなかったけど、赤ちゃんが出来たことで気付けたことです。女性は子どもが産まれて母になる訳じゃないんだと思います。お腹に宿った瞬間から、産まれてくるまでですでに母親なんだと感じました。

30歳で初産を経験
  1. 自分のことより子供が大事になる。
  2. お腹に子供がいると普段の生活にも神経をはりストレスがたまりやすい
  3. 体を温めたり、葉酸サプリをとったり、健康には気を使うようになる。

30歳で妊娠した芸能人

30妊娠

アイドルもひと段落したのか、30歳になって売れっ子だった二人が妊娠をしています!一世風靡したモーニング娘。から二人がランクインしています!

後藤まき

一般人男性と結婚。元気な赤ちゃんを授かっています。

藤本美貴

お笑い芸人のしなしょうの、品川じゃない方。筋肉の人と結婚しましたね。可愛い赤ちゃんになりそうですね。

30歳の妊娠の最後に

30歳から妊活をして出産される方も、日本が晩婚化していく中で増えてきています。しかしながら、妊娠するには、30歳よりも早いことに越したことはありません。

できる限りはやく妊活し、妊娠されることを推奨させていただきます。

30歳月で体外受精を経験し妊娠された方の体験談は下記からどうぞ!

 

東京大学教育学部卒業後、国立医学部に再入学。都内クリニックにて産婦人科医として勤務。年間 200 名以上の不妊治療の相談にのっています。趣味はホットヨガと、トレイルランです。基礎体力をつけるために日々健康的な暮らしを心がけています。気軽にご質問ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。