31歳の妊娠確率は?

31歳の妊娠

30歳を超えたあたりから卵子年齢の落ちが加速化してきます。卵子の老化は妊娠確率と相関関係がありますからね。

仕事に熱中されている方は、プライベートと仕事のバランスに関して疑問を持ち始めやすい時期でもあります。原因や体質、夫婦の状況によって不妊の理由は様々です。

そこで今回は、2人の妊活ままの体験談を公開することで、あなたの妊娠のお役に立てればと思います。

31歳の妊娠確率は?

31歳で妊娠する確率は20%程度です。40歳になると5%まで妊娠確率は下ががってしまうので、共働きで仕事をする人が増え、晩婚化した日本においては31歳はちょうどいい歳かもしれません。

生物学的に妊娠に適した年齢は?

生物学的には20第前半で妊娠、出産するのがいいとされていますが、仕事のことや現実的に生活を考えると難しいですね。

31歳、妊娠しなくて焦りがでる

31歳で1ヶ月に何回か妊活をしても急に子供ができるわけではありません。排卵日にタイミングよく性行為を行なってできるので、焦らなくても半年もせずに妊娠することができるでしょう。

半年妊活してもできない場合は、体外受精へと治療をステップアップ
します。

31歳の妊娠でダウン症の確率は?

31歳で出産した場合は、ダウン症の確率は909人に一人です。30を超えると健康に出産できる確率は減るといいますが、まだまだ31歳での出産であれば問題ないでしょう。

ダウン症は卵子や精子の分裂異常や、受精卵のの分裂異常が原因として知られています。ほとんど確率で決まってしまうのです。

卵子は老化するので早いほうが分裂に異常が出ず、無事に妊娠できるのです。

31歳の妊娠は?

私は結婚してからわずか2ヶ月で妊娠しました。はじめは生理不順で妊娠自体が難しいと思っていたため、主人とも最悪の場合養子でもとって育てよう、と話をしていた矢先の出来事だったので喜びと同時に驚き、戸惑いも多かったです。

仕事をとるか?家庭をとるか?

当時28歳だったこともあり、自分の仕事のキャリアを手放すことに対して少し抵抗はありました。これまで一流大学といわれる大学を出て、それなりに役職もついて社内、社外からの信頼もできてきた年齢ということもあって、妊活に集中することは怖かったです。

育休をとって、育休明けに仕事に戻ったら自分の場所がなくなっているんじゃないか。そんな不安に駆られていました。周りの役職者で育休を活用した女性はなく、独身女性しかいなかったことも不安の一つでしたが、おもいきって育休をとりました。

妊娠5週目は?

そして、妊娠5週目頃から始まったつわりがとてもひどく、安定期に入るまでは点滴に通わなければならないほどでした。とても辛い時期でしたが、ついつい無意識で無理をしてしまう性格なので、これくらいひどくなければゆっくりすることをしなかったように思います。今思うと子どもがくれた、母親になるための身体と気持ちの準備期間だったのかもしれません。

出産は助産師にお願いしました。

昔からナチュラルなお産に興味があったので、お産は病院じゃないほうがいいな、とは漠然と思っていました。はじめに通っていた病院は無痛分娩を奨励している病院だったため、無痛分娩についても検討しましたが、やはり自然なお産がいいと思い、助産院を自分で検索し、そちらに切り替えました。

結果的にそれは自分にとってとてもいい選択だったように思います。
2人目は病院出産となってしまいましたが、1人目の経験がよかったため、自宅出産の準備をしていました。

妊娠中の体のケアは?

妊娠中は針治療やお灸、整体など、体を整えることと体を温めることにとても気を使っていました。そして食事もつわりが終わってからはできるだけ添加物の少ないものをいただくことを心がけていました。

自分の口にするものがお腹の子の身体や心を形作るのだと思うと、自然と食に対して敏感になり、それが結果私自身の健康にもつながったように思います。

赤ちゃんに必要な栄養素を撮るには?

そこで活躍してくれたのが葉酸サプリでした。いろいろと調べていくと、これまで同様な食事では赤ちゃんに十分な栄養素をとれないことがわかってきました。そこで、出産をちゃんとできるように葉酸サプリにはとても助けられました。

ベルタ葉酸サプリの口コミや評判は?

2017.09.17

体質改善をすることで

妊活という、妊活をしませんでしたが、結婚する2〜3年前からマクロビオティックを実践しており、それがきっかけで婦人科系の不調がかなり改善していました。それがもしかしたら結果的に子どもを授かれた一つの要因になったのかもしれないと思っています。また、私が食に気をつけたおかげで主人の方の体質改善にもつながりました。

出産は痛みを伴います

お産自体はやはり痛みを伴うし、命をかけての大仕事だと思います。けれど、自分の身体や心と深く向き合うとても大切な時間で、私にとっては人生を大きく変えた出来事でした。今でも2人目の子の出産の時に陣痛と陣痛の間の心地よさや、気持ちよさは忘れられません。

妊娠、出産は嬉しい、楽しいことばかりではないけれど、その分深い喜びをくれるので、それも人生の縮図だと思って、また次妊娠の機会があれば、ぜひまたその苦楽を思い切り味わいたいなと思っています。

31歳が妊娠したい時は?

31歳 キャリア

31歳で妊娠したいと思い、妊活を始めました。現在一人を出産し、お金の問題もあって二人目の赤ちゃんをどうすか悩み中です。

高齢出産になる前に、もう一人くらい欲しいです。今回は一人目の出産についてお伝えします。

妊娠の一番の印象は、つわり時期と息子の出産のときのことでしょうか。

つわりがひどくなる

私はつわりは決して重い方ではなく、辛い思いをしている妊婦さんから比べると、全然軽い方だったと思います。しかし!辛いもんは辛い!

今まで経験したことない辛さがいきなり2、3ヶ月続くなんて、重い軽いに関係なく、仕事にも生活にも支障を来すくらい辛い!と、今なら声を大にして言えるのですが、当時の私はそこそこ辛いレベルのつわりだったので、仕事中も弱音を吐けず、普通に今まで通りの業務をしていました。

仕事場の理解を得るには?

ちゃんと伝えれば協力してくれたと思うのですが、なんとなく「これくらいでお願いしたらダメかな」「ちょっとキツいけどなんとかやってしまおう」と、なぜか周りに頼ることができませんでした。今思えば、辛いときは辛い!と、言えばよかったと思うのですがなぜか辛いのを隠してしまったんですね。

家事がしんどかった・・・

中途半端なレベルのつわりだったのでそれが良くなかったと思います。その分家ではもう屍状態。旦那さんが帰ってくるまでにご飯作りをしなきゃと思うけれど、やらなきゃと思うほどやる気が起きない。

気分が悪くなる、頭痛がひどくなる。仕事終わりのつわりがひどくなる話は、妊婦あるあるらしいですね。旦那さんの前では弱音わがまま言いまくりでした。

幸い旦那さんは文句を言うタイプではなく、(心の中では思っていたのでしょうが。)んじゃなんか買ってくから寝てなーと、いってくれるタイプで、本当に助かりました。

妊娠5ヶ月目につわりが終わる

結局5ヶ月くらいまであったつわりですが、やっと終わると、快適すぎて、自分が妊婦だと言うのを忘れてしまうくらい楽になりました。家事もイライラせずすることができるようになりました。

これまでつわりでしんどい時は実家から母がきてくれていたのですが、そんな状況もなくなりました。

出産の思い出

そしてあとは出産の思い出ですね。私は破水から始まりました。家で一人で布団でごろごろしてるとき、ぽふんっとなにか弾ける感じがして、お股からじゅわーっと水が流れる感覚が。

一瞬で破水とわかり、やばいっ!!!!と、とにかくすぐにフローリングのリビングへ移動。

下半身びっちゃびちゃになりながら旦那さんと産院に電話。そしてそこから魔の陣痛時間に苦しむことに。

はじめは余裕だったのですが、夜中の3時くらいから、痛みに悶え出すが子宮口はなかなか開かず、内診の度に絶望していたのを覚えています。

息子が生まれるのを待つ

朝に促進剤をのみ、とにかく時間を過ぎるのを、痛みと戦いながら待たなきゃいけないのがとても辛かったです。やっと分娩台にあがれる!と、いう場面になると、思いの外どんどん進み、3~4回いきんで、無事娘が産まれました。

初産にしては、とても進みも早く、いきみもうまくいき上手に産めたらしく、先生には「めちゃめちゃ早かったね!安産でよかった!」と、言われました。

死ぬ思いした気でいるので、微妙な気持ちになりました。笑 3200gの息子の誕生です!

赤ちゃんの子育て

息子の成長はとても早いです。離乳食を与えた時、手づかみで自分の力でご飯をたべた時、子供も大きくなり今では保育園に行っています。一つ一つの当たり前のような出来事が奇跡のように思えて幸せを感じたことを覚えています。

保育園に行ってる間は、息子が保育園で喧嘩していなかな?とか、友達と仲良くやっているのかな?なんて心配してしまう親バカです。

妊娠中のトラブル、出産エピソード、一人ずつみんな違いますが、楽な妊娠、出産なんて誰もないんだぞー!みんな命かけて子供を産むんだぞー!と、周りの人たちに叫びたいと思います。笑

31歳の妊娠で初産

私は25歳で結婚し、結婚6年目で、初産を経験しました。後から結婚した友人、知人がどんどん先に妊娠出産をしていきました。同じ時期に結婚した友人は、ほとんどが2人目を出産しています。

正直、羨ましい、何でうちは出来ないのだろうと苦しい日々を過ごしていました。けれども、親や仲の良い友人にすら本当の気持ちは打ち明けられず、まだ子供はいらないと強がっていました。

唯一、本当の気持ちを訴えられたのは夫だけでした。夫も子供を望んでいたし、職場では周りからのプレッシャーもあったそうです。

産婦人科での検査

何とか妊娠するために、婦人科で検査し、漢方薬を処方してもらった時期もありました。しかし、何年経っても妊娠にはいたりませんでした。

もう頑張るのも疲れたというタイミングで、夫の転勤で地方に引越す事になりました。地方なので、友人も知り合いもいない環境となり、頼れるのは夫だけとなりました。

夫との距離が縮まっていく

夫も同様に、私以外と休日を過ごす事はほとんどなくなりました。そうすると、自然と喧嘩も減り、今まで以上に絆が深まり、本当に信頼できる家族となっていきました。

「このまま2人で一生一緒にいるのもいいね」という会話も増え、休日はカフェや温泉を巡り、ストレスフリーな生活を送っていました。

たまに、子宝神社や子宝に良いとされるパワースポットに足を運びました。もともと、夫婦共々、不妊となる原因はなかったので、不妊治療はきっぱりと辞め、運に任せていました。

生理痛で、子宮内膜症に気づく!

しかし、そんな生活も1年が過ぎた頃、生理痛が以前より酷くなっていたので、検査を受けました。診断結果は子宮内膜症でした。

卵巣や子宮に腫れはみられず、軽度の子宮内膜症だったので、医師からは早急に妊活に励むか、妊活を一旦やめて、ピル等の薬でまずは子宮内膜症の治療に取り組むか選択して下さいと言われました。

専門のクリニックにいくか迷う

帰宅後、夫に相談したところ、不妊専門医を受診しようとなりました。しかし、地方の為、不妊専門医は一軒しかなく、自宅からも距離がありました。また、金銭面でも悩みました。

下手したら今までコツコツ貯めてきた貯金が全てなくなってしまう事もありえると知ると、かなり躊躇してしまいました。躊躇している間に2ヶ月が過ぎました。

31歳、自然妊娠を迎える

その頃、何と自然妊娠している事が分かりました。本当にビックリしましたし、人生で一番嬉しい瞬間でした。
妊娠出来た要因を冷静に考えると、私は仕事に慣れてストレスがなくなったということ。

夫は妊娠する半年前くらいから健康の為に週3日程ジムで運動するようになったこと。この2つが大きかったのではないかと思います。

まだ安定期に入っていないので、日々不安な気持ちになりますが、この貴重な時間を大切にしていきたいと思います。そして、夫と過ごす残り少ない2人だけの時間も充実したものにしていきたいです。

31歳の妊娠の体験談

現在妊娠30週です。今暮らしている所は山間の小さな村で、1年の内5ヶ月ほどは雪に包まれるような環境です。

出産予定は11月の頭なので、赤ちゃんがはじめて触れる季節は冬。今は家の寒さ対策など調べる毎日です。

妊娠がわかったのは6週目のことです

妊娠がわかったのは妊娠6週目。それこそ冬の真っ只中、雪景色の美しい時でした。

なんだか体がだるく、熱っぽいような感覚と、ひどい眠気に襲われることが続き、「あれ?これはもしや・・・」と思い、妊娠検査薬を使用してみると、陽性反応がでました。

一番近い休みの日に産婦人科へ行くと、先生からは「おめでとうございます。現在妊娠6週目ですね」との言葉をいただきました。

エコーで赤ちゃんの写真をみて感動しました

その時エコーに映っていた赤ちゃんの姿はまだまだ人の形になる前でしたが、一つの命が確かにそこにありました。

先生の言葉を聞くまでは、「まだはっきりわからないから、むやみに喜んじゃ後でがっかりするかも・・・」なんて思っていました。

その一言を聞いてエコーに映る命を見たら、じわ~っと感激の波がきて、思わず泣いてしまいそうになりました。

妊娠19週目で最初の胎動を感じました。

心配していたつわりもほぼほぼなく、それからは一日半日ほどのアルバイトをしながら過ごし、現在を迎えています。

妊娠19週頃にはじめて「胎動かな!?」と思える動きがあり、現在30週の今は外から見てるだけでお腹が動くのがわかります。

元気にお腹が動く度に、お腹をさすっています。「赤ちゃんの聴覚完成して、外の音がよく聞こえるようになる」と言われる頃から、夜寝る前にお腹の赤ちゃんへ向けて、絵本を読むようになりました。

お腹の赤ちゃんの育児には読み聞かせをしています

暮らしている所の児童館の図書室で、自分が好きだった絵本や旦那さんの好きだった絵本、手にとって気になったものなどを数冊ずつ借りて来て読んでいます。

たまに旦那さんが読んでくれる時もあります。あとは散歩がてらのウォーキングを続けています。

その日の気分や体調に合わせてなので、歩く時間や距離はまちまちなのですが、歩いた日の方が体調がいいように感じます。

今暮らしてる所は自然も多く、散歩するのがとても気持ちのいい場所なので、いいリフレッシュにもなります。今はまだ前駆陣痛などもない時期なので、赤ちゃん用グッズや入院時にいるものなど旦那さんと一緒に買いに行ったりしています。

31歳からの妊娠の最後に

31歳で妊娠をされる方は仕事を一生懸命がんばっており、タイミングを逃してしまった方が多いです。

仕事だけではなく、妊活も視野にプライベートの充実と、長い人生を楽しむ方法を模索してみはいかがでしょうか?

30歳の妊娠確率は低い?

2017.09.02

32歳の妊娠確率は?

2017.09.02

卵子提供丸わかりガイドプレゼント!

アドバイザーみどり
こちらから私がまとめた卵子提供丸わかりガイドを無料で提供しております! 卵子提供は正しい情報が伝わりにくいので、親身な企業もあれば不誠実な企業も残念ながら存在します。後悔しないために、ぜひ参考にしてください。