妊娠線とは?いつから予防を始める?原因と対策は?

妊娠してお腹が大きくなってくると体にでてくるのが妊娠線です。妊娠線(ストレッチマーク)と呼ばれる跡がお腹や胸、おしりなどに現れます。

妊娠線は、一度できてしまうと完全に消えるのが難しいといわれており、放置していくとドンドン広がってヒリヒリとした痛みが出てくることもあります。そのため、妊娠線が発生しないように予防をする妊婦さんが多いのです。

結果として、周りの方でも、見ていて気持ち悪いなと思ってしまったり、旦那に惹かれて子供ができたあと夫婦生活が減ってしまった。夏になっても水着が着られなくなってしまったという声もちらほら聞いたことあるのではないでしょうか。

妊娠線の予防をしなくて後悔した多くの妊婦さんを多くみてきました。そこで今回は、妊娠線がなぜ発生するのか?どのように対策を始めるべきなのか、妊娠線ができてしまったときに、どう対処すればいいのかについてお伝えします!

妊娠線とは?いつからできる?

妊娠線

妊娠線とは、お腹やバスト、太もも、お尻、二の腕などにできる皮膚の断裂跡のことをいいます。最初は内出血のような赤色の細い筋ができはじめ、時間とともに白っぽい線に変化していきます。

赤色のものを新妊娠線、白くなったものを旧妊娠線と言います。

個人差はありますが、妊娠線は、お腹が大きくなりはじめる妊娠5~7ヶ月頃からちらほら見られるようになり、程度の差も人によってそれぞれですが、全くできない人もいれば、一本だけできる人や数本から十数本以上現れる人もいます。

一般的に、出産後は少しづつ目立たなくなりますが、完全に妊娠線が消えることは難しいといわれているため、発生する前に予防をちゃんとして、万全の対策をする必要があります。

妊娠線の原因は?

妊娠線の原因

それでは、なぜ妊娠線ができるのでしょうか。まずはその原因を知っておきましょう。大きく2つの原因によって、皮下組織の一部である弾性繊維やコラーゲンが内部で分断されます。

理由は大きく2つあります。ステロイドホルモンの増加と皮膚の急激な伸びの2つです。

ステロイドホルモンの増加

妊娠中は、ステロイド(糖質コルチコイド)というホルモンの分泌量が増えます。

ステロイドの分泌が増えることで、コラーゲンを作り出す細胞の増殖が抑えられ、肌は潤いと弾力を失ってしまいます。

通常であれば、ターンオーバーといって新陳代謝を繰り返し、新しい肌になっていくのですが、このステロイドの影響で新陳代謝がとまってしまうのです。

皮膚の急激な伸び

妊娠20周目(5ヶ月)から24周目(6ヶ月)月頃に入ると、どんどんお腹やヒップが大きくなっていいます。お腹やお尻の成長に合わせて、皮膚の表面の下にある真皮という組織が急速に引っ張られます。

妊娠中の肌は新陳代謝ができづらく、肌が弱くなっている状態ですので、強く伸ばされると細胞同士の結合が壊れやすい状態にあります。

その結果、真皮が断裂し、皮膚のしたで断裂がおきると、妊娠線として体にあらわれるのです。

妊娠線ができやすい人は?その特徴は?

妊娠線クリーム

妊娠線ができやすい人には先述した内容にも関わりますが、下記のような条件に適合する方がなりやすいと言われています。ざっくりいうと、お腹の拡張に耐えれないのはどんな体質の人なのかということです。

  • 肥満体質で皮下脂肪が多めの方
  • 肌が乾燥しやすい方
  • 肌の伸縮性が弱く拡張に耐えれない方
  • 双子を宿している人
  • 栄養素をしっかり取ってない人
  • 人より小柄でお腹が相対的に大きくなりやすい人
  • 親が妊娠線出ている人

このような方は比較的、妊娠線がでやすいので注意がとりわけ必要です!遺伝によるところもあるので、母親に妊娠線どうだったか聞いてみるとよいでしょう。対策によって予防もできるので、あくまで目安に!

妊娠線を予防するには?

アンケート

お伝えした通り、妊娠によって肌の潤いや弾力がなくなって、肌が短期間にぎゅーっと引き伸ばされることで、妊娠線ができます。

この事実を前提にすると、個人の体質や遺伝にもよりますが、大事なのは2つです。

「1.肌をきちんと保湿する」こと、「2.肥大し続けるお腹の皮膚にできるだけ負担をかけない」ことが妊娠線の予防には効果的だと考えられます。

次からは、妊娠線を予防する方法を具体的にご説明します。

妊娠線は保湿ケアで予防!

妊娠線クリームで予防

妊娠線は妊娠線クリームといった専用のクリームやオイル、美容液などがありますのできちんと保湿しましょう。妊娠線は、お腹だけでなくバストや二の腕、おしり、太ももなど、様々な場所にできますので、とくに自分の中で乾燥がきになる肌にハリを感じる部分に塗っていきましょう。特にお風呂上がりのケアは重要です!

保湿ケアは、こまめに継続して続けることが何より大切です。そのために容量の大きい保湿剤を選んで買い置きするのがおすすめです。

加えて妊娠線の予防において体重をコントロールすることも重要です。主治医の指示に従いなら、しっかりと体重をコントロールしていきましょう。

出産前の1週間は特にお腹が大きくなる時期なので、手厚くケアを行なっていきましょう特に注意が必要なのは、お腹の下腹部です!大きくなっていて、見えないまま放置して、赤ちゃんの出産後に”あれ?後が残っている”なんて悲劇が起きないようにしましょう。

妊娠線は妊娠線は腹帯やガードルで予防しよう!

予防

マタニテイ用の腹帯やガードルは最近よく使われています。大きくなった妊婦のお腹を支えてくれるので、お腹の皮膚に負担がかかりにくくなり、妊娠線予防にもつながります。(※太ももや、バストは難しい…)

ガードルや腹帯には色々な種類があるので、色々ためしながら、自分にあったサイズのものを選びましょう!

腹帯

保湿力が高く、ソフトなつけ心地が特徴です。妊娠クリームを塗った上からまくと保湿効果と合わせて効果倍増です。伸縮性にすぐれた素材でお腹の丸みにフィットしやすいので、お腹を支えるのにもぴったしです!

ガードル

サポート力が高く、お出かけのときもしっかりお腹の重みを支えてくれるのが特徴です。仕事をしているなど、体を動かす機会の多い人におすすめです。

ガードルには、妊婦さん向けのマタニティガードルと、産後用のガードルがあります。妊娠中は、締めつけの少ないマタニティガードルの方を使ってくださいね。

妊娠線ができたときの対策は?

対策

妊娠線が一度できてしまうと、完全に消すことは難しいです。しかしながら、できるだけ薄く目立たなくさせ、新しい妊娠線ができないように準備をしておきたいですよね。子供を産んでもやはり女性ですから、綺麗にありたいものです。

皮膚が乾燥しているとひび割れが目立ってしまうので、妊娠線予防クリームやオイルでヒビが入る前から感想を防ぎましょう。特に新妊娠線の予防だけでなく、旧妊娠線にならないように産後もちゃんとクリームを塗っておくことが
重要ですよ!

ただし、クリームやオイルでケアできるのは皮膚の表面(表皮)だけであり、妊娠線の原因となっている真皮の断裂を完全に治すことはできません。そのためあくまで対処になりますので、体重のコントロールはしっかりましましょうね!

赤ちゃんの出産後も妊娠線が薄くならず、跡が残ってしまった!という方も安心ください。皮膚科や整形外科で妊娠線のレーザー治療や炭酸ガス治療で治療をすることも可能です。

妊娠時期ごとの塗る頻度とポイント

1日に妊娠線クリームをぬるのは1-4回程度です。妊娠時期によって推奨頻度が変わってきますので時期に合わせて適切に使いましょう。

妊娠初期は1日1回を朝か夜につけるといいでしょう。まずは妊娠クリームを使う生活づくりから始めていきましょう!!

妊娠中期は1日2回ヌリヌリしましょう。朝とお風呂上がりに1回づつ塗るのがよいでしょう。

妊娠後期は1日3回ぬりましょう。このころはどんどんお腹が大きくなって、肌がピリピリすることもあるので、積雪に塗っておきましょう。

出産後も妊娠線がのこらないように、体が健康的になってから塗り始めましょう

あくまで目安ですので、乾燥肌の人は少しおおめにつかったりすることも重要ですので、あなたの調子に合わせて使っていきましょう。

妊娠線は早めの予防と対策

幸せな

早ければ早い方がいいです!妊娠線発生のメカニズムをお伝えしましたが、妊娠中は肌が感想しやすいので、体重のコントロールをしながら、保湿クリームをしっかりとぬることが重要とお伝えしました。

なので、妊娠する前からしっかりと体調をととのえて、感想しづらい体を作る必要があります。そしていずれにしても乾きやすくなるので、妊娠線ができてからも根気強く妊娠線クリームをぬる習慣を早期につくることで、産後も綺麗な体を保てる可能性が高くなるでしょう!

1 個のコメント

  • 周りでも最近、妊婦さんが増えてきて、妊娠線で悩む声もよく聞きます。自分が妊娠した時、ひどくなるといやだなと思っていたので、今回、妊娠線が現れやすい人や、予防策にういて詳しく知れたのでよかったです。周りの方にも伝えようと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。